発展編! Haskellで「型」のポテンシャルを最大限に引き出すには?【第二言語としてのHaskell】

第二言語としてHaskellを学習するシリーズ。発展編では、実践編で定義した型と関数をモジュールにする方法と、型を見直して関数をさらに安全なものにする方法を紹介します。さらに勉強したい方向けの超発展編付き!

発展編! Haskellで「型」のポテンシャルを最大限に引き出すには?【第二言語としてのHaskell】

こんにちは。Haskell-jpの山本悠滋(igrep)です。
Haskellらしいプログラミングとは何か? について、これまで基本実践を解説してきました。 実践編では、問題にあった型を自分で定義し、 その型を使った関数を定義していくというHaskellプログラミングの流れを、 トランプゲームのブラックジャックの手札の合計計算という例を使って学びました。

この記事ではさらに発展的なHaskellプログラミングの道を示すべく、次の2つの課題に取り組みます。

  1. 定義した型と関数をモジュールにする方法
  2. 型を見直して、関数をさらに安全なものにしていく例の紹介

記事の後半では、Haskellをさらに理解したい人が学ぶべきポイントや、役立つ教材・コミュニティなどを紹介します。

課題1. モジュールを使って、Card型の内部構造を隠蔽する

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録ボタンを押すと、利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く