掲載期間 20/11/19~20/12/16

サイバー防衛隊係⻑級職員(⾃衛隊のサイバーセキュリティ強化が主なミッション)

防衛省

セキュリティエンジニア
500万円 ~ 749万円 東京都
募集情報
なぜ募集しているのか
⽇本の平和と独⽴を守る役⽬を果たす防衛省。近年、軍事技術の進歩などにより、わが国を取り巻く安全保障環境は⼀層厳しさを増しています。防衛省が向き合う領域は陸・海・空だけではなく、「宇宙・サイバー・電磁波」という範囲にまで拡⼤しているのです。

このため、今回はサイバー領域の防衛⼒強化を⽬指すため、新たにサイバー防衛隊の係⻑級職として活躍していただける⽅をお迎えすることにしました。
どんな仕事か
サイバー防衛隊係⻑級職員(⾃衛隊のサイバーセキュリティ強化が主なミッション)★防衛省の重要ポジション
⾃衛隊指揮通信システム隊サイバー防衛隊の係⻑級職。あなたのサイバーセキュリティ技術に関わる知⾒を活かして、サイバー攻撃などの脅威から情報システムを守ってください。その他、サイバーセキュリティに関わる⼈材の育成や、隊員の能⼒向上のための教育訓練などに携わっていただきます。

▼サイバーセキュリティ関連業務
防衛省・⾃衛隊の情報システムの脆弱性を検査したり、インターネット上から流⼊する様々な通信からマルウェアを検知したり…といった業務がメインとなります。また、もしも外部から侵⼊があれば、その際のマルウェア解析、フォレンジックなども実施して頂きます。
※OSやソフトウェアの改善提案なども⼤切な業務。ぜひ積極的にレポートしてください。

▼訓練業務
サイバーセキュリティに関する訓練を各部署のシステム利⽤者に向けて⾏なっていただきます。各⾃衛隊と協⼒して、訓練計画を⽴案してください。訓練する相⼿のレベルに応じて、どうすれば能⼒が向上するのか、といった点を考えることが⼤切です。

<⼊省後の流れ>
まずは防衛省・⾃衛隊の任務や組織構造などから学んでいただき、OJTにおけるサイバーセキュリティに関する研修はもちろんのこと、⾃衛隊員として必要な実習、現地研修なども受け、万全の状態で業務に挑戦していただく予定です。⼤体⼊省後数ヶ⽉をかけて、不安がない状態まで育成いたします。その後も⼤⼿のセキュリティベンダー企業等への研修参加などを通して、サイバーセキュリティのトレンド等、継続して研鑽できる制度を整えています。
求められるスキルは
会員登録をすると、確認できます。
開発のスタイルは
開発環境 -
雇用形態は
正職員(6ヶ⽉の試⽤期間があります。その間の給与・待遇に違いはありません)
どこで働くか
防衛省・市ヶ⾕庁舎/東京都新宿区市⾕本村町5-1
JR中央・総武線/東京メトロ有楽町線・南北線/都営新宿線「市ヶ⾕駅」より正⾨まで徒歩約10分
JR各線/東京メトロ丸ノ内線、南北線「四ツ⾕駅」より正⾨まで徒歩約10分
勤務時間は
8︓30~17︓15(実働7時間45分)
※フレックスタイム制の働き⽅を選ぶこともできます。
その場合の標準労働実働は7時間45分、コアタイムは09︓3~15︓30となります。
給与はどのくらい貰えるか
⽉給30万円
※経験を考慮し決定します。
※上記⽉給には地域⼿当を含みます。
※超過勤務⼿当は別途⽀給します。

<年収例>
500万円(30代前半)
600万円(30代後半)
待遇・福利厚生は
■昇給・給与改定年1回
■賞与年2回(6月・12月)※昨年度実績:4.4ヶ月分
■社会保険(労災・健康・厚生年金)
■通勤交通費(月5万5000円まで)
■時間外手当
■家族手当(配偶者:月6500円/子供1人あたり:月8000円)
■住宅手当(月2万8000円まで)
■財形貯蓄制度
■退職金制度
■託児所あり
■オフィス内禁煙
■⾷堂・コンビニ・飲⾷店あり(⽜丼チェーンや有名コーヒーショップも省内にあります)
休日休暇は
■完全週休2日制(土日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
■介護休暇
■産休・育休制度(取得・復職実績共にあり)
■結婚休暇
■忌引き休暇
■子の看護休暇
■ボランティア休暇
どんな選考プロセスか
会員登録をすると、確認できます。
この求人に応募します。よろしいですか?
求人に応募するには、
会員登録 / ログインが必要です
求人に「気になる」するには、
会員登録 / ログインが必要です