BigQueryを分かりやすく! ハンズオンで始めるGoogle Cloudのデータ分析サービスと可視化ツールの使い方

Googleの高度な技術を利用できるGoogle Cloudにおいて、BigQueryは大規模データをスケーラブルに分析できるフルマネージドなデータウェアハウスとして提供されています。株式会社タイミーでデータエンジニアを務める土川稔生さんが、初心者向けのハンズオンとともにBigQueryの基本を解説します。

BigQueryを分かりやすく! ハンズオンで始めるGoogle Cloudのデータ分析サービスと可視化ツールの使い方

はじめまして。株式会社タイミーでデータエンジニアをしている土川(@tvtg_24)です。

タイミーでは、Google Cloudのデータ分析サービスであるBigQueryを中心に、データ基盤を構築しています。BigQueryではデータの保存や出力が行えますが、それだけではなく、可視化ツールの接続先としても用いることができます。そのため当社ではBigQueryが、社内のデータに関するさまざまなニーズに応えるための重要な役割を担っています。

当記事では、そんな日々のデータ分析に欠かせないBigQueryについて紹介します。 読者としては次のような方々を想定しています。

  • 普段データを用いた意思決定をしているが、データ分析自体はしたことがない方
  • データ分析に興味があるけど実際に分析したことない方
  • 出力したいデータがあるが、出力の方法が分からない方
  • BigQueryを触ってみたい方

Google Cloudが提供するBigQueryとは

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録ボタンを押すと、利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く