実践的Djangoプロジェクトの設計―開発・運用が楽になる設定ファイルを書こう! アンチパターンとベストプラクティス

Pythonで広く利用されているWebアプリケーションのフレームワークにDjangoがあります。Djangoで開発を始める際に、プロジェクトの設定ファイルをどのように記述すれば運用が楽になるのか。『Python実践レシピ』の著書もある筒井隆次(ryu22e)さんによる寄稿です。

実践的Djangoプロジェクトの設計―開発・運用が楽になる設定ファイルを書こう! アンチパターンとベストプラクティス

Djangoは、Python製のWebアプリケーションフレームワークです。もともとニュースサイトを管理する目的で開発が始まり、2005年7月にOSSとしてリリースされました。 Python Software Foundation(PSF)による調査「Python Developers Survey 2021」を見ると、DjangoはPythonのWebアプリケーションフレームワークの中でシェア第2位となっており(1位はFlask)、高い人気を博しています。

本稿では、そのDjangoを使ってサービスを開発・運用する際にぶつかるであろう問題点と、その解決手段についてお伝えします。 Djangoではプロジェクトをdjango-admin startproject プロジェクト名で作成できますが、デフォルトのままでは開発や運用がやりにくい設定が一部にあるためです。

想定する読者は、Djangoのチュートリアルは読んだことがある、または簡単なアプリケーションを作ったことはあるが、本格的に開発で使ったことはない方です。

本稿の執筆にあたって、齋藤功さん、奥山崇さん、七花京さんにレビュアーとしてご協力いただきました。この場を借りて御礼を申し上げます。

本番運用を想定した設定ファイルの構成

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録ボタンを押すと、利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く