Laravel大規模開発入門!MVC分離のFatModel問題に対する責任分離と依存管理、その設計と考え方について

ナイル株式会社メディアテクノロジー事業本部の工藤さんにMVC分離のFatModel問題に対する責任分離と依存管理、その設計と考え方について解説いただきました。

Laravel大規模開発入門!MVC分離のFatModel問題に対する責任分離と依存管理、その設計と考え方について

こんにちは、ナイル株式会社メディアテクノロジー事業本部で開発マネージャをしています工藤@ta99toです。

今回は大規模で複雑度の高い開発をMVCフレームワークベースで構築する際に僕が課題と捉えているポイントやその具体的な解決手法について解説させていただきたいと思います。

  • 「MVC以上の責任分離イメージがつかないよ!」
  • 「DDDとかクリーンとかオニオンとかあのへんの設計パターンの導入モチベーションが不明」
  • 「どうやっても最終的には複雑になって追加開発や修正開発が怖い状態になっちゃう」

↑このような悩みを持った方に対して本質的な課題の構造に対する理解が深まったり、その解決手法を提案するようなエントリーとなれば良いなと考えています。 上記に少しでも共感のあったwebエンジニアの方はぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

また、エンジニアの方でなくてもなんとなくわかったような気になれる表現を目指しますので業務上よくエンジニアと関わるよという方もぜひ読んでみてください!

概要

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く