Androidのダイアログを作ろう - サンプルコードで学ぶAlertDialogの使い方の基本からカスタマイズ

Androidでの通知の仕組み「Dialog」の代表格であるAlertDialogには、ユーザーに選択を促す場合以外に、自由度の高い画面を作れる機能があります。この記事では、サンプルコードとともにAlertDialog.Builderクラスを使って用途別にダイアログを構成する情報を設定する方法、カスタマイズを行う方法について説明します。

Androidのダイアログを作ろう - サンプルコードで学ぶAlertDialogの使い方の基本からカスタマイズ

PCでもモバイルでもWebのサービスでも、ユーザーに重要な情報を伝えたいときや選択肢から選ばせたい場合などに、「ダイアログ」というUIが使われます。Androidでは、ユーザーに対する通知の仕組みとして「Snackbar」「Toast」「Dialog」などが用意されています。

コンポーネント 主な用途
Snackbar ユーザーの行動を阻害せず、自動的に消える(メールを送信しました、など)
Toast Snackbarが使えない場合(画面が閉じたあとにメッセージを表示する、など)
Dialog ユーザーに強制的に行動させる(規約の同意、などユーザーになんらかのアクションを求める)

SnackbarやToastはシンプルなAPIを持っているのですが、Dialogの代表格であるAlertDialogには、ユーザーに選択を促す場合以外にも自由度の高い画面を作ることのできる機能があります。この記事では、サンプルコードとともにAlertDialog.Builderクラスを使って用途別にダイアログを構成する情報を設定する方法、さまざまなカスタマイズを行う方法について説明します。

本記事では、macOS Catalina(10.15.2)/Android Studio 3.5.3/Kotlin 1.3.61/BuildToolsVersion 29.0.2で動作確認を行っています。

AlertDialogの簡易的な使い方

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く