SPAにおける状態管理:関数型のアプローチも取り入れるフロントエンド系アーキテクチャの変遷

関数型のアプローチも取り入れるフロントエンド系アーキテクチャの変遷について解説します。

SPAにおける状態管理:関数型のアプローチも取り入れるフロントエンド系アーキテクチャの変遷

こんにちは、小林@koba04です。
本記事では、シングルページアプリケーション(以下、SPA)における状態管理について解説します。

GmailやTwitterは、SPAとして構築されている代表的なWebアプリケーションであり、スムーズなページ遷移をSPAによって実現しています。またElectronやPWA(Progressive Web Apps)の登場により、複雑なアプリケーションをWebの技術を使って構築する場面も増えてきました。

これらの複雑なアプリケーションにおいては、既存のページ単位での状態管理の考え方では対応が難しくなります。

そこで今回は、具体的なフレームワークも取り上げながら、Webフロントエンドにおける状態管理のアプローチについて紹介します。

フロントエンドでの状態管理の複雑化

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く