TypeScript再入門 ― 「がんばらないTypeScript」で、JavaScriptを“柔らかい”静的型付き言語に

JavaScriptプロジェクトでTypeScriptを導入する際には、“柔らかい”静的型付き言語とするのがおすすめです。藤吾郎(gfx)さんがまとめた「がんばらないTypeScript」のガイドラインです。

TypeScript再入門 ― 「がんばらないTypeScript」で、JavaScriptを“柔らかい”静的型付き言語に

TypeScriptは、すべてのJavaScriptプロジェクトで採用する価値のある技術です。TypeScriptとこれに対応したエディタを導入することで、補完や型ベースの整合性のチェックにより、すべてのプロジェクトで生産性が上がります。またリファクタリングも容易になるので、長期あるいは大規模なプロジェクトでも品質を保ちやすくなります。

この記事では、TypeScriptについて最低限の知識とともに、サクッと(どちらかというと既存のプロジェクトに)導入するためのノウハウや手順を、筆者@__gfx__の経験もあわせて解説していきます。

ただし、TypeScriptのユースケースは、Webフロントエンド、モバイルアプリ、サーバーサイドアプリなど多岐にわたります。そこでこの記事では、以下のようなプロジェクトを想定して、設定などを具体的に見ていきます。

  • Webフロントエンドのビルドにwebpackを使う
  • ES modulesまたはCommonJS準拠のモジュールシステムを使う

※本記事は、TypeScript v3.4(2019年3月リリース)に基づいています。

TypeScriptとは何か? がんばらないTypeScriptとは何か?

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く