「GraphQL」徹底入門 ─ RESTとの比較、API・フロント双方の実装から学ぶ

Web APIの新しい規格「GraphQL」の設計と実装について、藤吾郎(gfx)さんによる寄稿です。

「GraphQL」徹底入門 ─ RESTとの比較、API・フロント双方の実装から学ぶ

この記事では、Web APIの規格のひとつであるGraphQL(グラフキューエル)について解説します。筆者gfxは2017年からGraphQL APIをプロダクションで運用しており、GraphQLのDX(Developer Experience) に大きな魅力を感じているソフトウェアエンジニアです。

GraphQLは、RESTful Web API(REST)の持つ問題を解決するために開発された規格です。そこで、この記事の前半では、RESTと比較しつつ、GraphQLの利点や欠点、そしてその機能の詳細を見ていきます。そして記事の後半では、筆者が使っているGraphQL Rubygraphql-rubyを題材に、RailsアプリにGraphQL APIを実装してみます。

※この記事はGraphQL仕様のバージョンJune 2018を元にしています。

GraphQLとは何か

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く