[Slackbot大全]25種類の事例・ツールを一挙紹介! botで業務を効率化しよう【2018夏】

あの企業は一体どんなSlackbotを活用しているの?そんな疑問に答えるべく、20社のSlackbot活用事例を聞いてみました。バラエティに富んだ回答に、開発のヒントがあるかも!?

[Slackbot大全]25種類の事例・ツールを一挙紹介! botで業務を効率化しよう【2018夏】

すでに多くの企業やチームに導入されているビジネスチャットツール、Slack。2017年9月には日本法人Slack Japanが立ち上がり、同年11月には日本語対応を開始するなど国内での本格展開をスタートしています。

Slackの魅力の1つに、拡張性が挙げられます。さまざまなbotを自作することで、利用者のニーズに応じた機能を追加でき、日々の業務をサポートしてくれます。2017年春に本誌が実施した調査でも、多くの企業が個性豊かなbotを作っていたことが分かります。本稿ではSlackを活用している企業や団体に再びアンケートを実施し、回答のあった20社、計26種類のbot事例・ツールをご紹介します。

  1. mamorio-obento(MAMORIO株式会社)
  2. gutto-paccho(株式会社scouty)
  3. といれぱっちょ(株式会社scouty)
  4. slamp(株式会社grooves)
  5. review bot(株式会社メディカルノート)
  6. Hera(オリュンポス十二神より)(Retty株式会社)
  7. peer-chan(メドピア株式会社)
  8. rbot(ラクスル株式会社)
  9. ムキムキお兄さん(株式会社Loco Partners)
  10. taskman(株式会社CyberZ)
  11. トイレ空き状況通知ボット(株式会社ディー・エヌ・エー)
  12. ebisu_meeting_room bot(1)(株式会社モンスター・ラボ)
  13. ebisu_meeting_room bot(2)(株式会社モンスター・ラボ)
  14. my_plan bot(株式会社モンスター・ラボ)
  15. ryoma(株式会社Housmart)
  16. speakerbot(株式会社JX通信社)
  17. moribot(株式会社ミクシィ)
  18. oragon(株式会社ミクシィ XFLAGスタジオ)
  19. 運用チェック当番をお知らせする猫(Sansan株式会社)
  20. MigrationSQL Checker(Sansan株式会社)
  21. /aws-staging(Sansan株式会社)
  22. 日の入りをお知らせする○○○○(Sansan株式会社)
  23. PR Emergency(Sansan株式会社)
  24. リリース用bot(株式会社div)
  25. eclair(ウェルスナビ株式会社)
凡例
  • bot名(社名)
    • botを導入したきっかけ、理由
    • botの機能・できるようになったこと
      • 実用例(スクリーンショット)
    • アーキテクチャ表
      • botフレームワーク
      • 利用言語
      • 他利用ツール
    • なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?
    • ソースコード(GitHub)
    • 参考リンク

※本記事は、2018年3~5月のメール取材をもとに作成しています。アーキテクチャ表の「なし」はそう回答いただいたもの、「 - 」は回答そのものが空白だったものです。

mamorio-obento(MAMORIO株式会社)

botを導入したきっかけ、理由

毎日のお弁当の集計と発注に非常に手間がかかっていたため。

botの機能・できるようになったこと

  • 毎日のお弁当の注文の集計とFaxによる発注を自動化する。
1
botフレームワーク なし
利用言語 Google Apps Script
他利用ツール Slack、eFax

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

Google Apps Scriptは無料&サーバーレスで簡単に構築できるので。

ソースコード

https://gist.github.com/kazuooooo/6acb1f20c0a3616edaeefa09f1626cc6

参考リンク

詳しくはこちらをご覧ください。

SlackとGASを使って会社のお弁当発注を自動化した話

gutto-paccho(株式会社scouty)

botを導入したきっかけ、理由

scoutyでは社員同士のコミュニケーションを増やし、良好な関係性を構築するために、時間を合わせて可能な限り社員全員でランチに行くようにしています。

2017年の7月時点で3名しかいなかった社員は、2018年4月の段階で12名+インターン3名に増え、全員が同じお店でランチをとることが難しくなりました。ランチの度にグループ分けを行っているのですが、グループ分けの手間を減少し、人数の把握漏れを防ぐために、バックオフィスを担当している野崎(@mikupaccho)がSlack上でグループ分けと出欠管理ができるbot「gutto-paccho」を開発しました。

scoutyでは【技術指向(Tech Oriented)】というValueがあり、エンジニア以外のビジネスサイドやバックオフィスの社員もプログラミングやテクノロジーについて学んでおり、本botもこうしたValueの一環として野崎が自主プロジェクトとして開発しました。

botの機能・できるようになったこと

  • ランチに参加するメンバーの募集。
  • リアクションに合わせた受付対応。
  • 参加者のグループ分け。
2
3
botフレームワーク slackbot 0.5.1
利用言語 Python 3.6
他利用ツール なし

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

scoutyは機械学習部分やサービスなど、全てPythonで開発を行っています。バックオフィスにおいても、エンジニアが活用しているのと同じ技術を活用して知識を深めたいと思い、Pythonを選びました。

ソースコード

https://github.com/mikupaccho/gutto-paccho

といれぱっちょ(株式会社scouty)

botを導入したきっかけ、理由

2017年9月に移転したscoutyの新オフィスには2018年4月に増床するまでの期間、トイレが1箇所しかありませんでした。トイレは執務スペースがある12階ではなく11階のフリースペースにあったため、トイレに行ったにもかかわらず、使用中だと時間が無駄になってしまいます。そこで、自席からでもトイレの使用状況を確認できるようにモニタリングできるシステムを開発しました。

botの機能・できるようになったこと

  • トイレが使用中の場合は、Slackユーザーの「といれぱっちょ」のステータスがactiveに、空いている場合はawayになりトイレの使用状況が分かります。
  • 仕組みとしては、トイレの中に設置したRaspberry Piと照度センサーを利用し、トイレの照明の点灯状況とSlackのbotアカウントのステータス情報を連携しています。またbot自体もRaspberry Pi上で動作させています。
4
botフレームワーク slackbot 0.5.1
利用言語 Python 3.6
他利用ツール Raspberry Piの照度センサー

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

上記同様、scoutyのサービスで使用されているので、本bot開発にもPythonを選びました。

ソースコード

https://github.com/denzow/iott

slamp(株式会社grooves)

botを導入したきっかけ、理由

Slackのカスタム絵文字として『けものフレンズ』の素材を登録したものの、実際に使ってみるとサイズの問題でセリフが小さく「すごーい!」という感情を上手く表現できず、もどかしさを感じたため。

botの機能・できるようになったこと

/stamp :custom_emoji: とコマンドを発行すると、emojiを大きく表示できる。

5
botフレームワーク なし
利用言語 JavaScript
他利用ツール -

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

JavaScriptが一番得意だから。

ソースコード

https://github.com/16g/slamp

review bot(株式会社メディカルノート)

botを導入したきっかけ、理由

ビジネスを前に進めるためのタスクに埋もれがちなレビュー文化を、健全に、かつ負担の少ない形で盛り上げるためです。

botの機能・できるようになったこと

  • Pull Requestに対してラベルを追加することでPull Requestのステータスを管理しています。
  • ラベルの変更を検知してSlackに通知することでタイムリー、スムーズにコードレビューが行えるようになりました。
6
botフレームワーク なし
利用言語 Google Apps Script
他利用ツール GitHubのPull Request

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

担当者が個人的な興味から試験的に始めたもので、組織としての選定理由はありません。シンプルな機能・役目にとどまっているため、組織的な手当てはまだ不要と考えています。

ソースコード

https://gist.github.com/masayokoo/371fe93c026a5beedef9af426d97485d

Hera(オリュンポス十二神より)(Retty株式会社)

botを導入したきっかけ、理由

  • 複数サービスを横断した便利ツールの開発の際の連携にストレスを感じることが多くなったため。
  • マイクロサービスの開発の設計/開発/運用の題材として。

botの機能・できるようになったこと

基本的には思いついたらサクッと取り入れることが多いので、統一性はないですが多機能です。

  • Slackの絵文字(:bug:, :github:)が押されたメッセージ(画像)を元にGitHubのissueの作成。
  • 図書館の蔵書管理(貸し借り/検索/予約)。
  • Pull Requestのレビューワーのランダムアサイン。
  • Slackチャンネルのtopic部分のURLの自動短縮。
  • AsciiArtのスターウォーズが上映できる(jokeコマンドとして)。 etc...
7
botフレームワーク -
利用言語 Node.js 6.11.5
他利用ツール GitHub、Slack、Cloudiary、Google ShorterなどのAPIが公開されているサービスの連携

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

  • 開発の手軽さと、ドキュメント等が読みやすい or コードの動作が簡単に追えるもの。
  • 開発者の得意な言語と、社内で使いやすい言語の折衷案として。

を基準にして選択しています。

ソースコード

https://github.com/TKNGUE/gas-book-library

※公開可能な蔵書管理のAPI周りのみ。

peer-chan(メドピア株式会社)

botを導入したきっかけ、理由

元々はJIRAのメンション相手にSlack DMし、メールに埋もれずにスムーズにコミュニケートすることを目的に導入しました。今回は2017年度の記事でご紹介したものに続き、さらに3点機能を追加しています。

  • GitHubでPull Requestコメントでメンションしても、他のメールに埋もれて気付かないことがあったため、Slack DMで通知しスムーズにコミュニケートするようにしました。

  • 各ホストへSSH接続する際に必要な情報をConfluenceに記載し管理をしていましたが、踏み台サーバを追加・削除した場合に情報が最新でなくなってしまいます。そこでbotからクラウドサービスのAPIを利用し、情報を抽出、リスト化し、Slackに通知するようにしました。

  • サービスについてブランチごとのQA環境を自動構築しており、その情報をSlack通知するようにしました。

botの機能・できるようになったこと

  • GitHubでPull Requestコメントのメンション相手に対してSlack DM通知。
  • AWS accountごとの稼働中EC2、RDSの情報をSlack通知。
  • gitブランチごとのQA環境情報をSlack DM通知。
8
botフレームワーク Hubot 2.19.0
利用言語 Node.js 6.11.5
他利用ツール GitHub、CircleCI、AWS、JIRA

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

Hubotは導入してから長く、社内での知見も蓄積されており、ドキュメントも充実していることから選択しました。

ソースコード

https://github.com/medpeer-inc/hubot-slack-on-docker

※botの機能の項目、「GitHub Pull Requestコメントのメンション相手に対してSlack DM通知」についてのみ公開しました。

rbot(ラクスル株式会社)

botを導入したきっかけ、理由

デザイナーが、エンジニアの工数をかけずにデプロイできるようにするため。また、導入当時ChatOpsが流行りだしていたため。

botの機能・できるようになったこと

  • 本番環境、QA環境へのデプロイ。
  • QA環境の利用状況確認。
  • 出勤、退勤の打刻。
  • Redashグラフの表示。
9
10
botフレームワーク Hubot
利用言語 JavaScript、CoffeeScript
他利用ツール Jenkins、Redash

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

導入当時、一番メジャーだったため。

ムキムキお兄さん(株式会社Loco Partners)

botを導入したきっかけ、理由

営業担当者よりリアルタイムで掲載施設の情報を把握したいという希望があったため。

botの機能・できるようになったこと

  • Relux上に新規で公開された施設情報を、Slack上で営業担当者へ共有する。
11
botフレームワーク なし
利用言語 Python
他利用ツール Redash

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

RedashがPythonに対応しているため。

taskman(株式会社CyberZ)

botを導入したきっかけ、理由

社内でタスク管理に使用しているツールが

  • エンジニア -> GitHub Issue (waffle.io
  • カスタマーサポート(CS) -> Zendesk

と異なっており、CSからエンジニアに調査依頼をする際は、Slack上で要件をまとめて依頼する形になっていました。

ただ、メッセージが流れてしまうこともあったため、CSからGitHubに起票するフローを検討しましたが、CSの利用するツールが増えてしまうことから作業の煩雑化が懸念されました。

Slack上でメンションを増やすだけならCSの負担が少なく、またエンジニアにとってもリアクションがしやすいため、今回のbotを作成しました

botの機能・できるようになったこと

  • Slack上で「@taskman @(groupmention) ***の調査をお願い」とつぶやくと、メッセージに含まれているGroupに関連したGitHubリポジトリのIssueに起票する
12
13
botフレームワーク なし
利用言語 JavaScript
他利用ツール Zapier

トイレ空き状況通知ボット(株式会社ディー・エヌ・エー)

botを導入したきっかけ、理由

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く