COBOLをシートに手書きしていた頃。80~90年代、OSS普及前の開発風景に学ぶこと

インターネットが一般的ではない時代にエンジニアはどのように仕事をしていたのでしょうか。WebDINO Japanの瀧田佐登子さんに、かつてのエンジニアの姿、そしてオープンソースという概念が一般化していく過程を、貴重なエピソードとともに聞きました。

COBOLをシートに手書きしていた頃。80~90年代、OSS普及前の開発風景に学ぶこと

オープンソースというカルチャー、そしてそこから生み出されるソフトウェアは今やあらゆる開発活動に不可欠なものです。多くのIT、インターネット関連企業の開発は、オープンソースなくしてもはや成り立たないでしょう。

一方で、言うまでもなくオープンソースという概念がまだ一般的ではない時代もあり、そしてその時代にも開発は行われていたのです。

「オープンソース」という言葉は、1998年に『伽藍とバザール』の著者、エリック・レイモンドによって発表されましたが、この言葉が指し示す概念が一般化していく過程には、あるソフトウェアの影響がありました。90年代のインターネット黎明期に大きなシェアを誇ったWebブラウザ「Netscape Navigator」です。1998年にアメリカのNetscape Communications社(以下、ネットスケープ社)が、同ブラウザやメールクライアントといった一連のソフトウェアパッケージである「Netscape Communicator」のソースコードを世界に公開したのです。

この世界を揺るがすような大きな出来事の渦中にいたのが一般社団法人WebDINO Japan(旧、Mozilla Japan)の代表理事である瀧田佐登子さんです。

瀧田さんはインターネットが一般的ではない時代にエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、その後、オープンソースというパラダイムシフト、そしてOSSであるWebブラウザ「Firefox」開発に携わりました。かつてのエンジニアの開発風景、オープンソースというカルチャーが市民権を獲得してきた過程を、生き証人とも言える瀧田さんに聞きました。

見よう見まねでCOBOLを書く。紙に、手で

1

瀧田佐登子さん:大学卒業後、国内大手メーカーでCAD開発に携わるエンジニアとしてキャリアをスタートさせる。Unixへの傾倒を経て、1996年、日本ネットスケープコミュニケーションズに入社し、ブラウザの国際化・日本語化を担当。その後、2004年にMozilla Japanを設立し、Firefoxの開発、普及に尽力する。2006年に代表就任。2017年には同法人は「一般社団法人WebDINO Japan」に改称され、Webとオープンソースを軸に、オープンイノベーションの拡大に注力する。

──1986年に大手メーカーに入社され、エンジニアとしてのキャリアが始まったと聞いています。当時のプログラミング環境はどのようなものだったのでしょうか。

瀧田 私はもともとソフトウェア畑ではなく、大学では化学を学んでいたんですね。社会に出るまでは、実はコンピューターというものを触ったこともなかったんです。

そんな私が社会人1年目にやったのは、コーディングシートにCOBOLのコードを書くことでした。スクリプト言語やHTMLを今はエディタに打ち込むじゃないですか。でも、当時は紙にコードを書いていたんです。イメージできますか(笑)。コーディングシートというのは原稿用紙のような紙で言語別に売っていて、それにコードを手で書いていくんです。コンピュータといえば大型汎用機の時代でしたから、個人がパソコンを持っている、なんてことはありません。

そして、コーディングシートに書いたプログラムを、今度はパンチカードと呼ばれる紙にパンチしていくんです。当時はパンチャーと呼ばれる、パンチ作業専門のスタッフもいたんですよ。

2

上はパンチカードの参考画像。画像出典:Wikimedia Commons

そのパンチカードの束を、まるで銀行のお札を数える機械のように、パソコンに読み込ませていって、一つのプログラムになります。だから開発スタイルというのはまずは机に向かって紙に書く、という方式でしたね。

──紙に書いてたとは今では信じられませんが、ほんの30年前と考えると技術の進歩の速さを感じますね……。 当時はインターネットもまだ発達していないと思うのですが、どうやってプログラミングの勉強をしていたのでしょうか。

瀧田 当時は本を読むか、人のコードを読むかしかなかったですね。先輩が書いたコードを読むのですが、さっき説明したコーディングシートが綴じられた、分厚いファイルから目当ての情報を探して読むわけです。当時の先輩が書くコードって綺麗だったのですごく勉強になった記憶がありますね。今はインターネットで情報が探せて、コピペもできるのでラクですよね(笑)。

──その後、転職されC言語やJavaを学んだそうですが、そのときには勉強方法は変わっていたのでしょうか。

瀧田 富士ゼロックスの関連会社にいたときのことですね。当時サン・マイクロシステムズ(後にオラクルに吸収合併される)のマシンを使ってC言語を触っていたのですが、私は開発業務に加えてC言語のトレーニング講師もしていたので、人に教えることで勉強したと感じています。90年代前半だったのですが、まだインターネットに情報が溢れている、という状況ではありませんでした。なので、やっぱり本から勉強したり、同僚に聞きに行ったりしていましたよ。当時はよくポインターで手詰まりになってアドレス計算で落ちてましたね(笑)。

──徐々にインターネットの存在が一般化してきたのでしょうか。

瀧田 インターネットというものに世の中が価値を見出し始めたのは90年代のことです。商用インターネットが始まったのが1991~1992年頃でした。ただ、1995年頃までは、まだインターネットは常時接続もしていない状況で、そもそも接続するにも複雑な経路をたどる必要があったんです。

また、商用化が始まって間もない頃はインターネットは高価なものでした。メールも「何文字を送ったらいくら」のように、いまで言う従量課金制です。さらにメールはコマンドベースで打っていたので、ある程度の技術がないと送信すらできません(笑)。

肌で知る80~90年台のオープンソース前史

──オープンソースという概念は、そういったインターネットが発達していないときにはあったのでしょうか。

瀧田 「オープンソース」という名前がない状況でしたが、研究者や技術者は大学で集まって技術情報を共有していたりして、決して情報が完全に閉鎖されている印象ではなかったと思います。

また、オープンソースに近しいものが存在しなかったというわけではなく、インターネットの歴史をたどると、RFC(Request for Comments)のようなリクワイアメントを言いたいだけ言って、意見を出しあい開発を進めていく文化は、現在のオープンソースのはしりであったと思います。

「オープンソース」とちゃんと認識され始めたのは、私がいたネットスケープ社が1998年にNetscape Communicatorのソースコードを公開した頃でしょうか。その少し前にLinuxが出てきて、そのくらいの時期に「フリーソフトウェア」と呼ばれるソフトウェアが注目されるようになった印象もありますね。

3

──OSSが一般化される以前は、開発に不自由を感じることはありましたか。

瀧田 私は企業に所属していたので開発環境は会社が用意してくれていたのでよかったのですが、コンパイラのライセンスだけで30万円はする時代でした。OSがバージョンアップしてそのコンパイラが動かなくなったりすると、またアップデートのための料金がかかったりするんですよね(笑)。

でも、こうした世界観でソフトウェア産業は成り立っていました。「ソフトは買うもの」という認識を前提にビジネスモデルがあり、「買うソフト=信頼性が高いソフト」という安心感があったと思います。

ただ、会社に自分のマシンがあるといろんな環境を作りたくなります。そうするとプロプライエタリだけでは環境が充実しなくなってくるんです。そのときに救いだったのがGNUのフリーソフトウェアだったんです。

4

GNUの開発は84年に始まった。

ただ、その当時はネットワークがまだまだ一般にないので、簡単に入手する術がなかったんですね。なので誰かにCD-ROMに焼いてもらったり、雑誌の付録で手に入れるしかないという状況です。フリーソフトウェアと言いつつ、入手は気軽ではなかった印象があります。

こうして手に入れたGNUのソフトはあくまで趣味で使うもので、信用性は低いと見られていて、商用ベースでは使用しにくい風潮があったんです。

──プロプライエタリだからこそ価値がある、と考えられていたわけですね。そうした状況が変わり、フリーソフトウェアやOSSが認知されだしたと感じられる瞬間はあったのでしょうか。

瀧田 面白いな、と感じるのは開発に使うソフトウェアがだんだんと変化していくのですが、その背後にあるインターネットの普及や回線が太くなっていく流れとリンクしていることです。ネットスケープ社でもLinuxが出始めた頃から、フリーソフトウェアのGCC(GNU Compiler Collection)を使う流れが出てきました。

そして、2004年頃からインターネットが常時接続のブロードバンド化していき、価格も一般に普及しやすいものになり、同時期にフリーソフトウェアやOSSが市民権を得たように思います。

「オープンソース化」が技術継承をもたらした

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く