開発の“無理ゲー進行”はこう回避せよ! 若手エンジニアが締め切りを健全に守るためのストラテジー

開発の“無理ゲー進行”はなぜ起きる?その原因を、さまざまな企業の技術組織顧問を務める広木大地さんがひも解きます。

開発の“無理ゲー進行”はこう回避せよ! 若手エンジニアが締め切りを健全に守るためのストラテジー

エンジニアにとっての永遠のテーマ、「締め切りはどうしたら守れるか」。上司に言われるままにタイトなスケジュールを押し付けられた経験があるエンジニアは少なくないはずです。

「無理ゲー進行」を生み出す要因はいくつもあります。「完全版をリリースしなけばいけない」という固定観念や、期日だけを厳密に管理して現場へプレッシャーをかけるプロジェクト進行、無理なプロジェクト進行を経営課題と認識せず、現場の「頑張り」に甘えて放置している経営者(意志決定者)など。顧客(クライアント)や上司から押し付けられる「無理ゲー進行」に、工数見積もりに慣れていない若手エンジニアはどう対処していけば良いのだろうか――。

無理ゲー進行の原因をひも解いていくのは、かつて株式会社ミクシィにて最年少で執行役員に就任し、現在は株式会社レクターでさまざまな企業の技術組織顧問を務める広木大地さん。対談のお相手は、広木さんも技術顧問として参画しているGood Moneygerで、投資アドバイスツール「VESTA(ベスタ)」の開発・運用を手掛けるエンジニア・松下清隆さん。VESTAの開発当時に抱えていた悩みを振り返りながら、プロジェクト進行に潜むワナを探ります。

広木 大地(ひろき・だいち/1@hiroki_daichi (写真・右)
株式会社レクター 取締役・株式会社Good Moneyger 技術顧問。新卒第1期として株式会社ミクシィに入社。同社メディア統括部部長、開発部部長、サービス本部長執行役員などを歴任。2015年同社を退社。現在は技術組織顧問として複数社のCTO支援を行なっている。近著に『エンジニアリング組織論への招待』(技術評論社)※2018年2月22日発売
松下 清隆(まつした・きよたか/2@kiyotaka86 (写真・左)
株式会社Good Moneyger エンジニア。大手通信会社にて受託開発や社内システム開発に従事。興味があった金融業界で、自らの手でサービスを作りあげたいという思いから、当時、立ち上げ間もないFinTechベンチャーであるGood Moneygerの創業期メンバーとして参画。“投資初心者も安心して利用できる”をコンセプトに、ロボアドバイザーを活用しIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)を半自動的に行う「VESTA」を開発、運用する。

若手エンジニア・松下さんが抱えていた不安

松下 2015年10月に2人目の社員としてジョインしてから、開発期間14カ月を経て2016年12月のサービスリリースまで、いろいろありました。今思うと、先が見えずにモヤモヤしてつらい時期でした。

モヤモヤ1. リリース日までの見通しが立てられない

松下 特につらかったのは一番初めのリリース。1年前の2016年12月にはリリース予定日が確定していた(と思い込んでしまっていた)のに、実装を間に合わせる見通しが立てられなくて

広木 当時、社長からも「(松下が)なんかつらそうなんです」と相談を受けていました。でも、やるべきタスクなどは整理できてたんですよね。

松下 リリース時に必要な機能も分かっていたので、タスクの優先度順に並べた「やることリスト」は準備していました。でも、期日までに間に合わせるメドが立たなかった。

広木 そのとき僕が提案したのが、1日の稼働時間を8時間、コーディングに割ける時間を6時間と仮定して、タスクリストから工期日数を計算してもらうこと。“見える化”してみると実はリリース予定日まではだいぶ余裕があって、実装が期日までに間に合わないという状況でもないことが分かった。よくよく聞いてみると、理由は別のところにあったんですよね。

松下 ネックは「他社とのつなぎ込み部分」だったんです。情報を取得するために、自分たちで制作する箇所とは別に、他社の仕様に合わせて開発する部分があって。秘匿性が高い情報なので外部からアクセスできず、システムに触れるのは週1回の打ち合わせ数時間のみ。平日週5日稼働しても手が付けられる日が限られている上に、マニュアルを読み解きながら進めなければいけない。「手元で開発できない」不安が大きくて、どうすればいいねんと思っていました。

モヤモヤ2. 「どう納期を守るか?」SIerだったときとの違い

広木 たしかにリリースまでの流れが見通せないのはつらいけど、松下くんは特にその悩みが大きい気がしました。

松下 それは、前職での仕事のスタンスに起因するかもしれません。 前職は新卒で入社したSIerで、業務課題は「納期をいかに守るか」でした。仕様をきっちり決めて、納期までに完璧なシステムを作らないといけなかった。だから今の会社に来たばかりのころは、「社長が決めた仕様を全力で作る。なるはやで常に走り続けないといけない」ともう必死に働きました。

広木 あのころは、見えない何かと戦っていたよね。明るい性格だったはずなのに、口数が減りストレスを感じていそうな表情をしている、という話が社内で出ていて。もともと松下くんは体育会系で「つらいことは当たり前だし、修行になる」くらいの考え方だったのに。社長からも「(松下が)ソワソワしている」と相談されていました。

松下 当時を思い返してみると、見えない何かと戦っている、という意識すらなかった。広木さんからのアドバイスを聞いて初めて、完璧に作ってリリースしなければいけない強迫観念があったことに気付きました。

広木 業務上の悩みだけじゃなくて、今までのキャリアからベンチャーに行って、開発スタンスが変わったのも不安要素のひとつだったのかもね。

松下 そうかもしれません。SIerは仕様や納期が決まっていて、期限までに納品できればお金がもらえるというビジネス。一方、自社事業では仕様や納期を自分たちで決めることが多いので、「どう納期を守るか?」だけを考えると、バッファを多く積むようになってしまいます。当時「なるはやで対応する」タスクは120個を超えていました。

広木 「初めて取り組むからたくさん時間がかかりそうだ」と思い込んじゃって、タスクひとつひとつに必要以上のバッファを積んじゃっていたよね。

松下 新しいことにチャレンジし続けているので、ワクワクするのと同時に、日々不安と向き合っていく必要がありました。

不安だと思っているタスクから着手すればいい

広木 今回の不安の原因は2つ。見積もる時のタスクの粒度が大きすぎたことと、公開までに完璧なプロダクトを作らないといけないという使命感でした。

松下くんが「時間がかかる」と考えていたタスクを改めて見直したところ、僕には、彼がやっても見積もっているような時間が必要なタスクに見えなかった。やったことがないという不確定要素によって安全のためのバッファが増えて、結果、見積もり工数が不安に比例して大きくなっていた。

いつ終わるか分からない、どうやったらいいか分からないタスクは不安になるし「長く時間がかかるのでは」と思ってしまう。そういう場合は、タスクを見積もる前に「分かる/分からない」の軸で分けてリストアップし、最も気掛かりな部分から手を付けていけばいい。時間的制約や場所的制約などを含めて不安に感じる要因を洗い出していって、どうすれば課題をクリアし、分かりやすいタスクに分解できるかを考えていくのです。

見通しが立たないままずっと心に引っ掛かっているから不安に思うわけで、一番大きな不安から手を付ければストレスもおのずと減っていきます。

でも、これを自分一人でやると難しい。夏休みの宿題に例えてみましょう。ゴールが見えている学習ドリルは取りかかりやすい。でも自由研究は何をしたら進むか分からないという不確実な要素が多いから、どうしても後回しにしてしまう。結果、8月末まで手付かずのままだった……という人も、少なくないと思います。

松下 この場合は自由研究をとりあえず始めてみて、その中で「すでに知っていることと、まだ知らないこと」に分類していけばいいんですね。

広木 松下くんの一番大きな不安は「他社とのつなぎ込み部分の開発」だったから、社外に出る回数やタイミングといった制約がある中、作業時間を確保する方法がないか一緒に考えました。細かく見ていくと、詳細が分からないのはバックエンドに関する一部分だけで、社内で作れる部分も多くあるということに気付いた。だから「ダミーサーバを立てて、分からない部分だけ他社への往訪時に確認する」という結論になりました。

松下 タスクの粒度を1時間、2時間ぐらいでできるまで小さくして、ゴールが見えるところまでくれば、後はやるだけです。自分では気付きませんでしたが1、2時間まで粒度を小さくすることで心理的抵抗が減りました!

広木 その後はダミーの環境を作るタスクと環境を立ち上げるタスクを立てて、最初の往訪時にダミー環境を作れるように準備をしました。この環境を使えば、作業時間も十分に確保できます。

広木 ダミー環境作成以外にも、全部のリストの中から不安そうなタスクをリストアップしていきました。次に「今不安に思っている部分や、分からない箇所をある程度分かる状況にする」というタスクをリストに入れ、順番に対処してもらう。分からない部分をクリアにして仕事を進めていくと、「終わりが見えない」という不安は減ったんじゃないかな。

締め切りを守ることが本当の目的じゃない

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く