データベース運用改善のヒント!コア開発者直伝のPostgreSQL 10の7つの新機能

全国のPostgreSQL使いエンジニアが待ちに待った、バージョン10。新機能の中から、特に“運用”に役立つ7の新機能を、PostgreSQLの専門家、そして開発者である澤田雅彦さんにピックアップして解説してもらいました。

データベース運用改善のヒント!コア開発者直伝のPostgreSQL 10の7つの新機能

2017年10月5日、全国のPostgreSQL使いエンジニアが待ちに待った、バージョン10(安定版)がリリースされました。「今後、自分の開発業務に導入していきたい」と考えている方も多いでしょう。

今回は、PostgreSQLの専門家、そして開発者である澤田雅彦さんに、新機能の中でも特に“運用”に役立つ7の新機能をピックアップして解説してもらいました。これを読めば、現場ですぐに役立つPostgreSQL 10(以下、バージョン10)の知識が身につきます!

< 1 PostgreSQL: PostgreSQL 10 Released

澤田雅彦(さわだ・まさひこ) 2 @sawada_masahiko
2012年、NTTデータに入社。以降、PostgreSQLに関する業務に従事し、主にPostgreSQLの本体開発、技術支援および、国内外問わずさまざまなカンファレンスでの講演活動などを行っている。2016年より、NTT OSSセンタに勤務。PostgreSQLコミュニティでは、Contributorとしてレプリケーション、VACUUM、分散トランザクション機能の開発やバグ修正を通してコア開発に貢献。

(1)テーブルパーティショニング

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録ボタンを押すと、利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く