天才でなくていい!『Team Geek』訳者・角 征典と考える、チームに貢献するエンジニアの気配り力

「チーム開発を進めるために、エンジニアはどう振る舞えばいいのか」に迫る、名著『Team Geek』。その勘どころを、訳者である角 征典さんと読み解きます。

天才でなくていい!『Team Geek』訳者・角 征典と考える、チームに貢献するエンジニアの気配り力

数多くの開発者から支持を受け、読み継がれてきた名著。そこには読み継がれる理由があります。 名著には、内容・ボリュームともに充実した書籍が多く、概要に目を通しただけで本を読んだつもりになっていたり、腰を据えて読む時間がなく「積ん読」してしまいがち。「エンジニアが絶対読むべき書籍●選」といった記事をブックマークするだけで読んだつもりになっていないでしょうか。 ポイントを押さえつつ内容を深掘りし、名著の根底に流れるエッセンスを開発に活かしましょう。

エンジニア向け名著を読み解いていく当企画。第4回に取り上げるのは『Team Geek—Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか』。Googleのエンジニア2名によって書かれた「チーム開発を進めるうえで、エンジニアはどう振る舞えばいいのか」にフォーカスした一冊です。

著:Brian W. Fitzpatrick、Ben Collins-Sussman 訳:角 征典 刊:オライリー・ジャパン 初出:2013年7月

今回は同書を翻訳した角 征典さんにお話をうかがい、この本の見どころや若手エンジニアが活かせるエッセンスを探っていきます。聞き手はアプリエンジニアの池田です。

角 征典(かど・まさのり) 1@kdmsnr (写真・右)
ワイクル株式会社代表取締役。東京工業大学 環境・社会理工学院 特任講師。アジャイル開発やリーンスタートアップに関する書籍の翻訳を数多く手がけ、それらの手法を企業に導入するコンサルティングに従事。翻訳書に『リーダブルコード』『Running Lean』『エクストリームプログラミング』『メタプログラミングRuby』などがある。
池田 惇(いけだ・じゅん) 2@jun_ikd (写真・左)
スマートフォンアプリエンジニア。iOS・Androidのアプリ開発を行いながらPMや開発チームリーダーを経験。エンジニアとして技術を学び続け、プロダクトマネジメントや人材育成でも活躍したい。アジャイル開発とオープンソースソフトウェアの活用を好む。

『Team Geek』は、技術だけじゃなく人間やチームに気を配る大切さを説く

池田 僕がこの本を初めて読んだのは2013年の10月で、本が出てから3ヶ月後くらいでした。活躍しているマネージャーが、この本をすごく良いと言っていて。その頃、僕はまだエンジニア3年目で「ふむふむ、こうやっていけばいいんだな」と読んで思った記憶があります。

 本の「日本語版まえがき」を書いてくれた及川卓也(@takoratta)さんや、Kaizen Platformさん、アプレッソ社長の小野和俊(@lalha2)さんが、ブログとかいろんなところで触れてくれて、発売してから少しずつ認知度が高まっていったのかなと感じています。

3

特に、Qiitaを運営しているインクリメンツさんがこの本のキーワードであるHRT(ハート)を社内のガイドラインに入れてくれて、それがバズったのもありますね。そのあと及川さんがインクリメンツに入社した(現在は同社から独立)ので、より注目度が高まったと思います。

4

Incrementsついて - Increments株式会社

池田 自分がマネージャーを経験したあとで今回読み返してみると、改めていろんな気づきがあるなと感じました。まずは若手エンジニアに向けて、この本をどのように読めばいいのか、というところからうかがいたいです。

 技術が好きでエンジニアになった人は、やっぱり技術力を高めたいっていう意欲も強いし、流れの速いIT業界の中でキャッチアップするために一生懸命やっていると思います。この本はそんな人たちに向けて、技術だけじゃなくて人間とかチームとかに、ちょっとでもいいから気を配ってほしいという内容なんですよね。

 ぼくたちが強調したいのは、孤高のプログラミング職人はいないということだ。たとえいたとしても、1人で超人的な偉業を達成できるわけではない。世界を変えるような功績は、インスピレーションの閃きとチームの努力の結果である。

『Team Geek』p.13より

といっても若い人はSNSネイティブの世代なので、人とのコミュニケーションにはすでに慣れている気もしています。逆に僕みたいな40歳前後の人の方が、コミュニケーションに対する苦手意識は強いかもしれない(笑)。

ただ、SNSとかLINEでの短いやりとりとは違って、仕事のプロジェクトではうまくいかないこともたくさん出てくるでしょうから、そういうときのヒントにしてもらえればと思います。

独自の開発現場に、若手がどう適合していくか?を知る

池田 学生だと自分と近い考え方を持った人どうしで集まったりしますが、会社に入ると年齢やバックグラウンド、考え方も違う人たちが一緒に働くわけですからね。

 会社での働き方は、必ずしもオープンソース文化とフィットするわけではありません。使いたいライブラリやOSSが自由に使えなかったり、社内独特のコミュニケーション方法に悩んだりすることもあるでしょう。『Team Geek』を通じて、チームコミュニケーションの方法や考え方を学ぶ、というのも良さそうです。

池田 大きい会社に何も知らない状態でいきなり入って、そこの「開発現場が普通」というように思ってしまうと、ひとつの価値観しか知れず、一般的な感覚とズレるという怖さがありますね。

 大きい会社は社内開発ルールを持っていることも少なくありません。自分の会社独自の環境に従ってしまうと、オープンソースの活動と会社の活動に齟齬(そご)があって苦しんでしまうでしょう。先日聞いた話ですが、会社のGitHubにプルリクを送るのに上司に申請書を提出する会社もあるみたいですよ。

池田 それはすごいですね(笑)。

5

 「勤務中に書いたコードは資産なので会社に著作権があり、それをプルリクするということは、外部に公開するということなので上長のサインがいる」ということらしいです。そういうのとオープンソースの文化って、当然ですけど全く合わないのでつらいですよね。

池田 なるほど。私はリーダーを目指す人のステップアップにも役立つかなと思ったのですが、どうでしょうか。

 後半はそうですね。エンジニアからマネージャーやリーダーになるというと、人間力とかスキルが全方位的に上がっていくイメージがあると思うんですが、この本は「そうじゃなくていいよ」って言ってるんですよね。全てのことに気を配って、プロジェクトを成功させるために全力で立ち向かう、みたいなことがたぶん幻想で(笑)。

天才やパーフェクトな人はいないという前提に立って、自分が高められないところはチームで補完すればいいんだよっていうところも、若手に読んでほしい点ですね。

HRTって、全員ができるもの?

池田 チームで働くときの三本柱として紹介されているのがHRT、謙虚Humility)、尊敬Respect)、信頼Trust)です。

コラボレーションの涅槃に到達するには、ソーシャルスキルの「三本柱」を身につける必要がある。この三本柱は、人間関係を円滑にするだけでなく、健全な対話とコミュニケーションの基盤となるものだ。


謙虚(Humility)
 世界の中心は君ではない。君は全知全能ではないし、絶対に正しいわけでもない。常に自分を改善していこう。
尊敬(Respect)
 一緒に働く人のことを心から思いやろう。相手を1人の人間として扱い、その能力や功績を高く評価しよう。
信頼(Trust)
 自分以外の人は有能であり、正しいことをすると信じよう。そうすれば、仕事を任せることができる。

 この3つを合わせて「HRT」と呼びたい。読み方は「ハート」だ。痛みを軽減するものだから、苦痛の「hurt」ではなく、心の「heart」である。ぼくたちの主張は、この三本柱で成り立っている。

 あらゆる人間関係の衝突は、謙虚・尊敬・信頼の欠如によるものだ。

『Team Geek』p.15より

本の中では、HRTはテクニックとして誰でも身につけられるから、そう振る舞おうと書いてあります。でも僕はどうしても、もともとの性格もあるし全員が全員そう簡単にはできないのでは……と疑問に感じてしまうところがあって。

 この本を読んでいただいた感想の中に「合理的だ」というのがあったんです。

本書で述べられているのは、自分がどう思おうが関係なく、インターフェイスとしてHRTをやりましょう、ということなんですよね。HRTはスキルのひとつ。たとえ苦手だとしても、相手のことを信頼できないとしても、できないなんて言ってる場合じゃない(笑)。そのステップは本には書かれていないのですが、仕事なんだから社会人として身につけるしかない、というのが答えでしょうか。

HRTをやらずに成功することもあるでしょうが、それはごく一部の天才に限った話だと思います。天才じゃない凡人は、チームでうまくやるためにHRTをしないと孤独になっていくし、孤独になると死んでしまう。だからHRTを頑張るしかない。

 この原則は本当に重要なので、本書はこれを中心に構成している。
 まずは、君がHRTを受け入れて、内面化するところから始まる。つまり、コミュニケーションの中心にHRTを置くということだ。

『Team Geek』p.16より

池田 自分は苦手かも、と思うよりも「当然身につけるべきスキルなんだ、やるしかない」と思ったほうが楽ということですね。どう思うかは自由で、「振る舞いだけ気をつける」と割り切れば苦しむこともなさそうです。

 はい。もし相手を信頼できなかったとしても、それをそのまま口に出して言う必要はないですよね。心の中で思うのは自由だけど、仕事としては割り切ってHRTやりましょうっていうことだと思います。このHRTが、この本の8割を占めるくらいのキーワードなんですよね。

天才以外は何でもオープンに。うまくやるコツは?

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く