エンジニア向けライティング講座。見落としやすい注意ポイントを徹底解説!

個人が趣味で運営するサイトと、企業が事業として提供するサービスでは、責任の大きさが違います。守るべき法律やライセンスがあり、モラルが厳しく問われるだけでなく、掲載する情報の正確さ、分かりやすさに気を配ることも大切です。開発を業務とするときに、エンジニアリング以外でどんなことに気をつけるべきでしょうか。

エンジニア向けライティング講座。見落としやすい注意ポイントを徹底解説!

こんにちは、Webエンジニアとして企業に勤めている池田@ikenyalです。
この記事では、サービス開発を業務とするエンジニアが、作成したプロダクトや提供する企業の価値を低下させないために、エンジニアリング以外の部分で心がけたいポイントについて紹介します。

個人が趣味で公開しているWebサイトと、企業などが事業として提供するWebサイトでは何が違うのでしょうか? 一番の違いは、責任の大きさだと思います。個人のサイトにももちろん責任は伴いますが、事業として提供するサービスやプロダクトとなれば、より大きな責任を負わなければならないことは明白でしょう。

間違いがあったときに担当者が謝罪すればそれでいいというわけにはいかず、問題の大きさによっては所属する企業そのものの責任が問われる場合もあります。開発・運営するスタッフの少しの気の緩みで、企業が社会的な信用を失い、サービスやWebサイトを閉鎖し、経営トップが謝罪するような危機に追いやられてしまうことだってあり得ます。

それは極端な例としても、ちょっとしたことで「このサービス大丈夫かな?」と不安に感じた経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。これから説明することに少し気をつけるだけで、そのような「ちょっとした不信感」を避けられるでしょう。

「このサービス大丈夫かな?」と感じるのはなぜだろう

まずは「このサービス大丈夫かな?」と感じる要因について考えてみます。

サイトで404などのエラーが起きていたりバグだらけだというのは言語道断ですし、それはエンジニアリングの問題なのでここでは触れません。サービスやプロダクトとしては利用できるものの「いまいち信用できないな」と感じさせてしまうようなことに焦点を当てていきます。

企業やサービスに不信感を抱く状況には、例えば以下のようなものがあるでしょう。

  • 法律・モラル・ライセンス・規約などに反する内容がある
  • 日にち、料金・価格などの数字が間違っている
  • 誤字脱字が目立つ、日本語が分かりにくい

ひとつずつ見ていきましょう。

法律・モラル・ライセンス・規約などに反する内容がある

サービスとしてもスタッフとしても法律やモラルに注意しなければならないことは、わざわざ言われなくても全員が理解していることでしょう。しかし、うっかりそれと気づかずに反してしまう可能性もあり得ます。

例えば、日本で発売されていない話題の最新スマートフォンを海外で手に入れたときに、IT系の情報を発信するサイトやブログを運営していれば「最速レビュー!」とレポートしたくなるでしょう。しかし、スマホを日本国内で使用するには、技適マーク*1がついているかを確認しないといけません。

このようにガジェットの種類によって個別の法律や規制が存在していることもあり、ソフトウェアのライセンスなどを意識しているだけでは盲点になりそうな落とし穴も少なくありません。他には、ドローンの飛ばし方にも注意が必要です*2

他のWebサービスと連携したり、ボットでデータをクロールするような場合にも、各サービスで禁止されているような振る舞いをする実装になっていないか、利用規約などを確認しておきましょう。

ガジェットやツールだけでなく、情報の取り扱いにも気をつけなければなりません。個人情報の取り扱いには法律が存在しますし、重要な情報がうっかり外部から見えてしまうと、企業の損害につながりかねません。それがシステムに関する情報であれば、サイバー攻撃を呼び寄せることにもつながります。

▽関連 1【保存版】エンジニアが知っておきたい法知識。ソースコード著作権&開発契約を元エンジニア弁護士に聞く!{$image_2}

日にち、料金・価格などの数字が間違っている

これは明らかに問題のある内容です。数字を扱う際には、普段より特に注意しなければなりません。

例えば、イベントの案内をサイトに掲載するときに、開催日がページによって異なっていたり、料金表記が間違っていたりすると参加者が戸惑うだけでなく、金銭的な損失を与えてしまう可能性もあります。

ECサイトで価格の桁を間違えて格安で販売される商品がたまにインターネット上で話題になりますが、受注をキャンセルできない場合には会社にとって大きな損失になってしまうでしょう。

誤字脱字が目立つ、日本語が分かりにくい

内容は間違ってはいないけど、文章が整っておらず、漢字の間違いも多くて読みにくい。このような状態があまり重要視されず、放置されていることはありませんか?

私自身は、非常に重要な問題だと考えています。エンジニアでも、Webサイト上の文言や、勉強会の資料など、文字を扱うことはあるはずです。悪文を見たユーザーにはメリットがないだけでなく、むしろ不信感を募らせてしまうなどのデメリットの方が大きいでしょう。

分かりにくい文章を改善するいくつかのポイント

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く