料理も、睡眠も、仕事もハック! GunosyのCTOが教える開発効率を上げるメソッド

エンジニアなら誰もが効率よく開発を行いたいはず。でも、どうすれば?GunosyのCTOである松本勇気さんが、忙しさに負けず、開発効率を上げるための方法を教えてくれました。

料理も、睡眠も、仕事もハック! GunosyのCTOが教える開発効率を上げるメソッド

開発支援・効率化ツールやChatOps等で業務ハックに余念のないエンジニアは多いでしょう。では、エンジニア視点で日常をハックすると、どのように生活が変化するのでしょうか。 株式会社GunosyのCTOの松本勇気さんは、若手ながらも10を超えるプロダクト、50人以上の開発メンバーを束ね、日々多忙に過ごしています。それだけでなく、業務で社内のインフラから機械学習基盤、広告配信、アプリ開発まで、全プロダクトの技術的な意思決定に携わりつつ、さらにはプライベートの時間もしっかり確保しているといいます。 松本さんが実践する、ライフハック術を綴ってもらいました。

こんにちは、Gunosyの松本@y_matsuwitterです。2013年ごろ、大学卒業前にGunosyに入社しまして、現在はCTOとしてインフラからネイティブアプリ、機械学習周辺に至るまでの社内全体の技術面をサポートしつつ、新規事業の立ち上げを担当しています。

担うべきタスクの多さゆえ、諸業務の効率化は自分にとっても非常に重要な要素です。今回は開発の効率化に関して、(1)ライフハック観点(2)開発業務観点の2つから、自分がやっていることや心がけを紹介していきます。新人・若手エンジニアの皆様に、少しでも役に立つことがありましたら嬉しいです。

開発効率、よくある課題

我々が開発するにあたってよく出てくる課題の一つがコンテキストスイッチ(短時間のうちに、異なるタスクへの思考切り替えが求められ、作業効率が低下する現象)かと思います。

自分もマネジメント業務が増えるにつれて毎日色々な会議が増えていき、集中できるまとまった時間の確保が難しくなってきました。

CTOという立場なので社内のさまざまなプロダクトについて日々相談を寄せられつつ、自分の大きなプロジェクトも進める。そんな中、コミュニケーションツールからもさまざまな通知が常に送られ、集中力を奪おうとしてきます。

一つの開発作業が細かく中断された結果、思ったように開発作業が進まない、いいコードが書けない等の問題に直面しました。

そのため、「開発効率をいかに向上させるかが会社の命運を左右する!」くらいの意気込みでこの課題に取り組みました。

開発効率を維持するための5つの施策

コンテキストスイッチに対しては(1)開発効率を維持するべく健康を(効率的に)維持すること(2)その上で時間あたりの生産性をさらに上げること(3)まとまった時間を確保することを重視しました。下記の5項目に分類し施策を立てて改善を図ったのです。

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠
  • 集中力の持続
  • 意思決定の効率化

まずはライフハックの観点から、それぞれを見ていきましょう。

食事:効率よく栄養素を確保する

開発効率の話をするとツールの話が出てきがちです。しかしまずは健康を保ち、集中力を高めることが重要だと考えています。

特に食事は健康維持・集中力維持に大きく影響してきます。もちろん自分は栄養管理の専門家ではないので、文献を参考にしつつ自分なりの考え方で食事に向き合うことにしています。

仕事柄、週に数回会食が入るなど外食が多いため、他の日にケアする必要があるという条件下での取り組みになるのですが、

  1. できるだけ効率よく栄養素を摂取する
  2. 糖質の取り方に注意する

ということを重視しています。具体的にやっていることをご紹介しましょう。

1. 適当な食事ほど効率化する

仕事の合間に昼食を取ろうとすると、簡単な食事で済ませがちです。例えば野菜の少ない市販のお弁当や、カップ麺などです。

安価かつ手軽で利用しやすい反面、こうした食事は脂質や糖質、塩分量などが多く、栄養バランスが偏りがちです。特に糖質を急激に摂取すると眠気に襲われやすくなります。

こうした「簡単に済ませる食事」こそハックすべき対象だと考え、自分はいわゆるMRP(Meal Replacement Powder)系を利用し対策しています。国内の製品ですとCOMPが有名です。

MRPとは、例えばビタミンやミネラル、タンパク質等をバランスよく含んだシェイクで、短時間で十分な栄養を摂取できます。MRP製品のみの食事でも空腹感を感じることはそれほどなく、個人的に重宝しています。

こうした製品を利用し糖質摂取量をコントロールした結果、集中力アップが実感できました。

1

Gunosy社内でもCOMPが非常に流行っています

集中力アップという観点では、MRPの導入に加え、日々2~3杯のコーヒーを必ず飲んでいます。カフェインは過剰摂取に注意すれば、集中力を高める素晴らしい燃料になります。エナジードリンクも流行っていますが、糖分が多いため自分は避けるようにしています。

2

普段はペーパードリップかネルドリップが多いですが、サイフォンで淹れるのも好きです

2. 低温調理器を使い、肉や野菜を摂取

自炊が好きなので、会食や飲み会がない日はできるだけ料理をするようにしています。

メニューは野菜と肉を中心に、炭水化物を少なめにするよう調整。特に最近は低温調理器が気に入っていて、週末になると大きな塊肉を低温調理器でじっくり加熱して、サラダや野菜多めのスープ等と共に食べています。

3

Anova Precision Cookerという調理器がおすすめです

低温調理とは、比較的低い温度で長時間熱し、肉から水分を失わせることなく熱を入れる調理法です。赤身の牛肉や鶏胸肉などのタンパク質をジューシーなまま美味しく摂取でき、非常に気に入っています。

4

最高です。ジューシーです。これぞ肉です

これは大きな牛肩肉を簡単な下味だけつけて低温で加熱し、表面だけガスバーナーで炙ったものです。鶏胸肉なども、低温調理器で加熱したのちにサラダに加えると非常にボリューム感もあり、食べごたえもバッチリです。タンパク質と野菜が摂取しやすい料理になるわけです。

半ば低温調理器の宣伝になってしまいましたが、野菜と肉を中心に栄養価の高い食事を実現するために、自炊は言うまでもなく優れた手段です。

また効率的に調理を進めていくことは、業務での作業計画を立てるイメージトレーニングにもなりオススメです。自炊する時間があまりないような日も、栄養効率の高いBASE PASTA(パスタ状のMRP。詳しくはこちら等を食べ、できるだけ栄養効率を高く保つようにしています。

食事に注意することで、日々の集中力を高めつつ、健康に過ごす。普段の食生活を見直すことは、簡単かつ実に効率のいいハックなのでオススメです!

運動:良いコードは良い筋肉から

Gunosyでは「良いコードは良い筋肉から」という標語を(半ば勝手に)掲げ、筋トレや運動を推奨しています。実際、平日早朝から野球の試合をして出社するメンバーや、嘔吐直前まで追い込むようなハードな筋トレを楽しんでいるメンバーもいます。

5

自分も最近は出社前にボルダリングやジムに通っています

筋トレというのは非常に重要です。開発者の仕事はディスプレイに向かって長時間姿勢を固定する作業なので、肩こり等の筋肉の緊張からくる不調に悩まされがちです。自分も、トレーニングを始める前まではひどい肩こりとそこからくる極度の眼精疲労や頭痛に悩まされ、ひどい日は涙が出る・吐き気がして全く仕事が手につかないこともありました。肩こりは開発効率を著しく下げる、我々の敵です。

そこで筋トレ、特に適度な負荷のウェイトトレーニング(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト、TRXの組み合わせなど)を実施したところ、大きく改善しました。以来、できる限りウェイトトレーニングや、最近ではボルダリングに取り組み筋肉量が減らないように注意しています。

開発中に正しい姿勢をとる重要性

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く