若手Javaエンジニア必見。知っておきたいフレームワーク・ツール23選

システム開発において、登場頻度が非常に高いJava。数多くのフレームワークやツールが存在しますが、一体どれを選べば、効率的な開発が行えるのでしょうか。おすすめのものを一挙にご紹介します!

若手Javaエンジニア必見。知っておきたいフレームワーク・ツール23選

システム開発をする際、欠かせない存在なのが各種フレームワークやツールです。これらを導入することで、工数の削減やアプリの品質向上、セキュリティの堅牢化など数多くの利点があります。中でもJavaのフレームワーク・ツールは、Javaを開発に使用している企業の多さゆえ、利用される頻度も高いものです。

しかし、それらは数えきれないほどの種類があるため、知識の少ない若手のうちは「どれを選べばいいんだ……」と途方に暮れてしまうケースも少なくありません。

そんな悩みを解決するため、今回はよく使われるものから珍しい機能のもの、最近注目されているものまで「絶対に知っておくべきフレームワーク・ツール」を、現職Javaエンジニアに現場での経験に基づいてピックアップしてもらいました。若きエンジニアに向けたJavaスタートアップガイドとしてお読みください。

【近年注目されている3つのフレームワーク・ツール】

1.Spring Boot

1

projects.spring.io

Spring Bootは、Springプロジェクトが提供するさまざまなライブラリやフレームワークを、シンプルで使いやすいフレームワークとして統合したものです。

「XMLを書く必要がなく、Javaのコードにアノテーションを書くだけでよい」「Mavenコマンドで実行すれば、自動的にTomcatなどのサーブレットコンテナが組みこまれてアプリケーションが起動する」など、数多くの利点を持っています。

公式サイト https://projects.spring.io/spring-boot/
GitHubリポジトリ https://github.com/spring-projects/spring-boot

2.Play Framework

2

playframework.com

Play Frameworkは、JavaとScalaによってつくられたMVCモデルフレームワークです。有名なフレームワークであるRuby on RailsやDjangoなどの設計思想から影響を受けています。

Play Frameworkは「ソフトウェア開発の生産性を向上させること」を大きな目標としており、以下のような特徴を持っています。

  • 「設定より規約」のソフトウェア設計パラダイムを取り入れ、不要な設定ファイルを減らしている
  • ソースファイルを変更した際に、サーバを再起動せずJVMへリロード可能
  • 開発時、エラーをブラウザ上に表示できる
  • 組み込みテストランナーにより、TDD(テスト駆動開発)が実現できる

公式サイト https://www.playframework.com/
GitHubリポジトリ https://github.com/playframework/playframework

3.Lagom

3

lightbend.com

IT領域を中心としたビジネス環境の変化スピードは、年々速くなっています。その環境下では、これまでのように「全ての要件を固めてから、長い期間をかけてシステム開発する」という方法では、変化に対応していくことができません。

その課題を解決するため、近年注目されているソフトウェア・アーキテクチャが「マイクロサービス」です。マイクロサービスは、個別に開発された小さなサービス(単一の機能を持つWeb APIなど)を組み合わせることで、大きな1つのサービスを提供することを目指します。これにより、アプリケーション開発の柔軟性や効率性が向上するのです。

Lagomは、マイクロサービスの構築を前提に設計されたフレームワーク。Lagomとは、スウェーデン語で「ちょうどいい量」という意味です。マイクロサービスにおいてサービスをただ単に小さく分割するのではなく、要件に応じた適切なサイズに分割するという意図が込められています。

公式サイト https://www.lightbend.com/platform/development/lagom-framework
GitHubリポジトリ https://github.com/lagom/lagom

【ORマッパーの定番】

4.Hibernate

4

hibernate.org

Hibernateは、データベース操作にかかわる煩雑な作業を軽減してくれるフレームワークです。これはO/Rマッパー(ORM)と呼ばれるもので、オブジェクト指向とリレーショナルデータベースの設計思想の差を埋めることを目的として開発されています。

Hibernateはフレームワーク内部の処理によってSQLを自動生成してくれるため、発行されているSQLの内容を開発者がそれほど意識しなくていいという利点があります。一方で、SQLが隠蔽されているために、非効率なクエリが発行されていることに開発者が気づきにくいのが欠点です。

公式サイト http://hibernate.org/orm/
GitHubリポジトリ https://github.com/hibernate/hibernate-orm

5.MyBatis

5

mybatis.org

MyBatisは、Hibernateと同様のO/Rマッパーフレームワークです。Hibernateと異なり、こちらは設定ファイルにSQL文を記述する必要があります。開発者がSQLコーディングする必要があるため、開発が煩雑になることが欠点です。一方で、SQLを自由に記述できることから、発行されるクエリのチューニングはHibernate よりもMyBatisの方がやりやすいという利点があります。

公式サイト(英語版) http://www.mybatis.org/mybatis-3/
公式サイト(日本語版) http://www.mybatis.org/mybatis-3/ja/
GitHubリポジトリ https://github.com/mybatis/mybatis-3

【自動化とロギングのツール】

6.Ant

6

ant.apache.org

Antは、Javaベースのビルド管理ツールです。ビルド管理ツールとは、プロジェクトにおける複数のライブラリやファイルなどの依存関係を設定ファイルに記述し、目的に応じて自動的に構築し、どのような動作環境下においても同じようにアプリケーションが動くようにしてくれるツールを指します。

Antは、Javaが動作する環境ならどこでも利用可能です。また、ビルド時に実行するさまざまなコマンド(Antではタスクといいます)も、プラットフォームに依存しない形で記述できます。

複雑なビルド手順を簡略化できることや、開発者がビルド手順を自由に定義できることなどの利点があります。

公式サイト http://ant.apache.org/
GitHubリポジトリ https://github.com/apache/ant

7.Maven

7

maven.apache.org

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く