[Slackbot大全]63種類の事例・ツールをまとめて紹介! botを活用してSlackを便利に【2017夏】

Slackは、ChatOpsとの相性の良さから、エンジニアにも愛されるビジネスチャットツールです。本稿では、Slackを活用している28社1団体にアンケートを実施し、計63種類のbot事例・ツールをまとめて紹介します。

[Slackbot大全]63種類の事例・ツールをまとめて紹介! botを活用してSlackを便利に【2017夏】

Slackは、エンジニアにも愛されるビジネスチャットツールです。ChatOps(チャットツールを活用してオペレーションの最適化・省力化を図ること)との相性の良さから、もはやSlackなしの業務は考えられない! という方も少なくないでしょう。

Slackには、リマインドなどを実行するslackbotアカウントが最初からいるだけでなく、利用者自身がそれぞれの環境・業務内容に即したbotを自作でき、発言に自動応答してくれるものから業務の自動化まで、さまざまなbotをチャンネルに常駐させることができます。

本稿では、Slackを活用している28社1団体にアンケートを実施し、計63種類のbot事例・ツールをまとめて紹介します。ぜひ今後のSlack活用の参考にしてください。

  1. 羽至理愛子(株式会社VASILY)
  2. Qiitan(Increments株式会社)
  3. peer-chan(メドピア株式会社)
  4. beproudbot(株式会社ビープラウド)
  5. いいね太郎(株式会社イノベーター・ジャパン)
  6. feedくん、forceちゃん(株式会社フィードフォース)
  7. PyCon JP Bot(一般社団法人PyCon JP)
  8. shanghai(株式会社エウレカ)
  9. shuffle_lunch_bot(株式会社スペースマーケット)
  10. iyashi(株式会社カヤック)
  11. 名称非公開(株式会社Misoca)
  12. reviewkun(株式会社はてな)
  13. engineerkun(株式会社はてな)
  14. エラー通知bot(ピクシブ株式会社)
  15. 定期作業管理bot(ピクシブ株式会社)
  16. bot / chikyu-bot / Pちゃん / MigrationBot(株式会社スマートニュース)
  17. buta(BASE株式会社)
  18. mylog(コネヒト株式会社)
  19. 本日のインターン出社予定リスト(株式会社ビザスク)
  20. ダカイゼンbot(株式会社ビザスク)
  21. sharel(アメーバピグ/株式会社サイバーエージェント)
  22. toretabot、iosbot、today-engineer(株式会社トレタ)
  23. zibot(GMOペパボ株式会社)
  24. jugem-chan(JUGEM/GMOペパボ株式会社)
  25. JIRAタスク作成(株式会社エウレカ)
  26. neko(株式会社エウレカ)
  27. GitHub Invitation(株式会社エウレカ)
  28. 図書管理BOT(株式会社エウレカ)
  29. AIIQA(株式会社ビズリーチ)
  30. KPTくん(株式会社はてな)
  31. DeployBot(株式会社PLAID)
  32. はる子(株式会社PLAID)
  33. はるかbot(コードキャンプ株式会社)
  34. kibot(しくみ製作所株式会社)
  35. Ruboty、mina、zooey など(クックパッド株式会社)
  36. SRE_bot(BASE株式会社)
  37. jenkins_observer(株式会社マネーフォワード)
  38. 秘密(株式会社クラウドワークス)
  39. KPIbot(株式会社ビザスク)
  40. Mackerel Invitation(株式会社エウレカ)
  41. antlion-bot(株式会社エウレカ)
  42. porygon(株式会社エウレカ)
  43. mofubot(株式会社エウレカ)
  44. nana(株式会社エウレカ)
  45. 日報reminder(株式会社エウレカ)
  46. すくすけ(株式会社スクー)
  47. EC2 State(株式会社スクー)
  48. Customer bot(株式会社スクー)
  49. 授業状況bot(株式会社スクー)
  50. Schoo KPI bot(株式会社スクー)
  51. novot(Nyah/GMOペパボ株式会社)
  52. carty(カラーミーショップ/GMOペパボ株式会社)
  53. tahirakun(ロリポップ!/GMOペパボ株式会社)
  54. osa(ムームードメイン/GMOペパボ株式会社)
  55. akane(ぼくらの甲子園!ポケット/株式会社カヤック)
  56. ローンチカウントダウンbot(ローンチカウントダウンbot/株式会社カヤック)
  57. remember(姉)(株式会社カヤック)
  58. nuko(Lobi/株式会社カヤック)
  59. idea-garage(Lobi/株式会社カヤック)
  60. くまま(株式会社7gogo)
  61. 名称非公開(FRESH!/株式会社サイバーエージェント)
  62. さいよーぼっと(株式会社PLAID)〈番外編:Slack活用事例〉
  63. Slack返信引用ボタン(KLab株式会社)〈番外編:Slack活用事例〉
  64. 付録・本稿で紹介されている主なbotフレームワーク
凡例
  • bot名(社名)
    • bot導入のきっかけ
    • botの機能・できるようになったこと
      • 実用例(スクリーンショット)
    • アーキテクチャ表
      • botフレームワーク
      • 利用言語
      • 他利用ツール
    • なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?
    • ソースコード(GitHub)
    • 参考リンク

※本記事は、2017年6月のメール取材をもとに作成しています。アーキテクチャ表の「なし」はそう回答いただいたもの、「 - 」は回答そのものが空白だったものです。

羽至理愛子(株式会社VASILY)

bot名の読みは「バシリアイコ」。同社デザイナーがデザインしている。

bot導入のきっかけ

自動化で仕事の効率を改善するため

botの機能・できるようになったこと

  • MTG資料の自動生成
  • AndroidアプリのQA準備、リリース作業自動化
  • 特定のSlackへの投稿にリアクション(発言の活性化)
  • 今日の六曜
  • デプロイ占い
  • お菓子ルーレットなど
5
6
botフレームワーク Hubot 2.19.0、Node.js 6.10.2
利用言語 JavaScript(ES2015)
他利用ツール Heroku、Qiita API(botからQiita:Teamに対して記事の投稿、編集、コメントを行っています)

なぜこのフレームワークや言語を選んだのか?

Hubotが流行していた際に導入してそのまま使っています。他のフレームワークへの乗り換えを検討していましたが、Node.jsのバージョンを上げることでトランスコンパイルなしにES2015以降のシンタックスでJavaScriptを書けるので現在も使用しています。

JavaScriptの勉強を兼ねて誰でも機能を追加できるようにした結果、六曜表示、デプロイ占い、お菓子ルーレットといったユニークな機能が追加されています。botの開発方法等については、社内でHubot勉強会、JavaScript勉強会を開いてフォローしています。

ソースコード

参考リンク

Qiitan(Increments株式会社)

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録ボタンを押すと、利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く