チームは小さく、役割を固めず、クリエイターを全力で応援! ピクシブがこだわる文化の継承とは?

連載「若手エンジニア、どんな活躍してますか?」第7回は、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」、コミック総合サービス「pixivコミック」などを運営するピクシブ編です。ピクシブのCTOがリーダー引き継ぎ時に重視したこととは? 詳しく伺いました。

チームは小さく、役割を固めず、クリエイターを全力で応援! ピクシブがこだわる文化の継承とは?

若手エンジニアのための情報メディア「エンジニアHub」。連載「若手エンジニア、どんな活躍してますか?」第7回は、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」、コミック総合サービス「pixivコミック」などを運営するピクシブ編です。

イラストや創作マンガの描き手を応援する文化を大事にするピクシブでは、チームを小さく保ち壁を作らないことを重視。仕事以外のことに1週間取り組めるルールも。エンジニアが創作同人誌イベントの企業出展を提案して実現? 異色の企業文化の一端に触れてきました。

──自己紹介をお願いします。

佐々木 pixivコミックでエンジニアをしている佐々木佳祐(ささき・けいすけ)です。北海道の高専に通っていたのですが、2010年に上京して電気通信大学に入りました。在学中に、高専OBが集まる勉強会の「高専カンファレンス」に参加して、そこでOBたちと交流ができ、その縁で2012年8月にピクシブでアルバイトを始め、そのまま2014年4月に新卒で入社しました。

もともとオタクっぽいことが好きで、創作をやっている友達もいて。身近な人に喜んでもらえるサービスを作りたいと思って入りました。

1佐々木佳祐さん。大学時代から個人でAndroidアプリを作っていた

髙山 執行役員の髙山温(たかやま・あつし)です。2012年に大学院を中退してピクシブに参加しました。入社後すぐにpixivコミックが始まったため、そこのフロントエンドの開発をし、その後pixiv本体のサーバーサイド開発を経て、pixivチームのリーダーをしました。それからpixivプレミアム会員数やアクティブユーザーなどの数値を伸ばすグロースチームにエンジニアとして参加してリードエンジニアに。2015年10月からpixivのマンガを盛り上げるチームを結成し、リーダーとしてやってきましたが、2016年12月よりその役割を佐々木に引き継ぎました。現在は、CTO(最高技術責任者)をしています。

2髙山温さん。2016年12月より執行役員に就任

──佐々木さんはピクシブに入ってからはどんなお仕事を?

佐々木 アルバイトとして入った頃には、Androidアプリを作っていました。もともと大学に入ってから個人でAndroidアプリを作っていて。それが縁でアルバイトに参加し、pixivアプリのUIを改善するところから始めました。当時はAndroid4.0の世代で、要素を並べただけで装飾のなかったpixivアプリのUIをその代っぽくしました。

社員になってすぐは、髙山の指導のもとPHPで社内ツールを作っていました。その後pixivアプリに従事していました。あるとき、社内で「pixivマンガ(当時のサービス名、pixivコミックの前身)を盛り上げたいチーム」が発足して、そこで手を上げたのが髙山だったのですが、私も参加しました。当時は3人ほどの小さなチームでした。

髙山 pixivコミックで目指していたのは、pixivでマンガを発表してプロデビューする人が出てきたので、その発展としてマンガを連載できる場があるといいなと。描き手の方にも、僕らにも、出版社にも可能性が広がる場になるようにしたいと考えてサービスを開発していきました。

開発期間の半分をプロトタイピングに、Android版を先行

──pixivコミックの開発ではどのような挑戦がありましたか?

髙山 新しいアプリのサーバーサイドを作るときに、そのとき自分がけっこう好きだったScalaを使ってみました。新しい試みだから新しいことをやろうと。

アプリの方も、リリースまで4ヶ月と決めて絶対にリリースするぞ、という計画でやりました。しかも、その半分の時間はプロトタイピングに使う。2ヶ月は捨てるコードしか書かない。リリースに持っていけるUI、ユーザー体験はどんなものかを探るために、ものすごいスピードで開発しました。

その後の本番アプリの開発でも、1回書いたことがあるコードなので、素早くきれいに書くことができましたね。

──マルチプラットフォーム対応は大変じゃありませんでしたか?

佐々木 最初はAndroidアプリだけで始めました。iOSアプリと違って審査がないのですぐに出せます。スピード重視でいきました。そこから先が独特で、AndroidのエンジニアがiOSアプリを書き始めました。エンジニアにとっては挑戦でした。

髙山 当時のチームではサーバーサイドが1~2人、アプリが2人。全員が全部のコードに触れるようにしよう、コードレビューできるようにしようと取り組んでいました。

3

──それはどんな考えからですか?

髙山 アプリの人はアプリのことは分かるけど、APIはどうあるべきか、APIをどう使うとサーバーの人が困るのか、そこまで考えが及びません。逆に、APIを作る側もどういう形にすると一番いいのかが分からない場合がある。この認識がチーム内で噛み合わないとどんどんスピードが遅くなる。お互いのことを最低限分かるようにと考えました。

全員が全部を把握していると、例えばエラー発生時にAPI側に問題があるのか、アプリ側に問題があるのか、ぱっと切り分けられるようになります。

──チームが大きくなっても、その方針でいくのでしょうか。

髙山 理想はそうありたいですね。それと、大きなチームにはしたくないと思っています。

佐々木 今は自分がチームを見る立場なのですが、自分もそうしていきたいと思っています。チームができた頃から人が入れ替わっていて、髙山もCTOになって直接は参加しなくなりました。当時を知っているメンバーは僕だけです。

pixivコミックは、Webサイト、Androidアプリ、iOSアプリがあって、それぞれにエンジニアがいます。これからもスピードは大事なので、全員が全部を把握する考え方は引き継いでいきます。

突然のリーダー交代では文化の引き継ぎを重視

──佐々木さんが髙山さんからリーダーを引き継いだ頃はいかがでしたか?

佐々木 「来月からリーダーは君ね」と話がおりてきて。最初はリーダーの姿とはどういうものだろうと考える時期がありました。今も考えているんですけど。

もともと髙山がどういう動きをしていたかを掘り起こして。いいところは引き継ぎつつやってます。以前から、「見て覚えろ」みたいなところがありましたので。

髙山 ある意味では、リーダーが変わる前からも、それに今も、引き継ぎをやっていますね。

佐々木 口で「こうやるんだ」みたいな指示はあまりないですね。

4

──リーダーになってから特に意識して取っている行動はありますか?

佐々木 よく話すこと、です。髙山とも、それに他のチームのRuby on Railsに詳しい人とも話をするようにします。サーバー側の課題があるとき優先すべきことは何なのか、設計はどうするのか、分からないことばかりなので。会社の中が、他のチームにも話を聞きにいける環境にあるのがありがたいですね。

──髙山さん側は、リーダー引き継ぎのときにどんなことを考えていました?

髙山 自分はサーバーサイドを強みとしてやってきたところがあるので、サーバーサイドのエンジニアがプロジェクトを引っ張るやり方はイメージできます。

一方、佐々木はアプリをメインにやってきたエンジニアなので、どういう結果になるのか見えない部分はありました。自分がCTOになる話も突然決まったので、CTOになってからが移行期間だと思って、口を出せる間はたくさん出す形です。

──話ができる風土を大事にしているのですね。

髙山 チーム内で合意の上でやってくれたら大抵のことは文句言わないよ、ということにして、重圧があまりかからないようにしています。

そういえば、アプリ側でずっとやってきた佐々木がサーバーサイドのコードを書いたことがあったんですよ。

佐々木 アプリの人はアプリ、サーバーの人はサーバーだけを見ている状態をなんとかしたいと思っていました。現場でも、お互いのコードを見たいという声があって。自分が率先して、アプリの人だけどサーバー側のRailsのコードをコミットしてみました。

髙山 案の定、レビューではボコボコにされていました。

5

佐々木 でも、みんなあったかいなと思いました。入社数年目にして新卒っぽいことにチャレンジして、レビューでいろいろ言われることが許される感じが安心できます。

髙山 チームによってやり方はさまざまなんですけど、僕がメインで関わっているチームについては、役割を固めないようにしています。それぞれの人ごとに強みはあるけれども、「あそこは自分の領域ではないから触らない」は排除したい。一つのチームの人数を多くしない、壁を作らない、隣のチームの人とも話す、そういう文化を作っています。

創作するユーザーをリスペクトする

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く