CSSのスペシャリストも、サーバーサイドを知れば視野が広がる! Incrementsが目指すT型エンジニアの育成

「若手エンジニア、どんな活躍してますか?」第6回は、QiitaやQiita:Teamで知られるIncrements編。I型のスキルセットだった若手エンジニアがT型になるようCTOが取り組んだこととは? 詳しい話を伺いました。

CSSのスペシャリストも、サーバーサイドを知れば視野が広がる! Incrementsが目指すT型エンジニアの育成

若手エンジニアのための情報メディア「エンジニアHub」。連載「若手エンジニア、どんな活躍してますか?」第6回は、QiitaやQiita:Teamで知られるIncrements編です。

エンジニアの森下雅章(もりした・まさあき)さんは、Incrementsに昨年(2016年)8月に入社したばかり。学生時代からCSS(Cascading Style Sheets)関連ツールを開発し、前職ではフロントエンドエンジニアとして腕を振るってきました。IncrementsでもCSS周りの刷新で実力を発揮する一方、最近はバックエンド部分の開発にも参加し、新たな知見を得つつあるようです。メンター役にあたるCTOの髙橋侑久(たかはし・ゆうく)さんと一緒に話を聞きました。

──森下さんは学生時代にCSSのプリプロセッサを作っているのですね。

森下 学生時代にWebアプリをPHPで作っていたんですが、複数人で開発しているとCSSのコードがめちゃくちゃになって、「CSSは言語としてヤバい」と思いました。この頃からSassなどのプリプロセッサ使っていましたが、すでにあったものはシンタックスシュガーに過ぎず、CSSの設計を良くするためのものではない。だったら自作しようと思って作りました。

1 森下雅章さん。新卒でサイバーエージェントに入社。2016年8月より、Incrementsに所属

前職ではWebフロントエンドを中心に仕事をしていて、1年半ほど経ってからIncrementsに転職しました。知っている人がいたわけではなく、普通に採用情報を見てエントリーして。

──転職したいと思った決め手は何でしたか?

森下 外から見た印象ですが、及川さん{$annotation_1}のようなすごい方がいて、良さそうだと感じて。

──入ってみて、どうでした?

森下 すごい人がいるという印象は変わらないですね。

──髙橋さんは、はてなやグーグルでアルバイト、インターンの経験があるのですね。

髙橋 2010年にはてなでインターンを経てアルバイト、2012年にグーグルでインターンをしました。当時のグーグル東京オフィスでのChromeのチームのトップが及川さんでした。

2 髙橋侑久さん。2013年4月にIncrementsへ入社し、現在はCTOを務める

Increments代表の海野が大学の同期で、彼もはてな、グーグルのインターンを経てIncrementsを創業しています。創業の1年ほど後、僕が博士課程を中退して最初のエンジニアとして入社しました。

──当時、どんな思いがありました?

髙橋 論文を書くのもいいですが、実世界になかなか届かない。人に使われるコードを書きたいと思いました。

Qiitaでの最初の仕事はCSS周りの刷新

──森下さんは入社してから、どのような仕事を?

髙橋 QiitaのCSS周りのエコシステムが古くなっていたのを、モダンなものに刷新する取り組みをやってもらいました。コードを変更しただけでなく、Qiita:Teamの上で、考えられる選択肢のPros/Cons(良い点、悪い点)を挙げて、「この技術はここがいいので採用する」ところまでドキュメントとして残しました。

森下 そのときの取り組みは、Qiitaの記事「QiitaのCSS構成2016」に書いています。取り組みとして、それまでRuby on Rails付属のSprocketsというassetファイルをコンパイルするツールを使っていたのですが、それをやめてNode.jsのツールでビルドするようにしました。

3

──方向性を作ったのは森下さんだったのですか?

森下 そうです。設計手法、ツールの選定、スタイルガイドの作成などをしました。僕が担当したのはCSS周りで、JavaScript周りは別の方が担当しています。

──良くなった点は?

森下 一番変わったのが、CSSの設計や書き方です。新しくPostCSSというツールのエコシステムを使った、コードのプリプロセス、最適化、リントを導入しました。ビルド速度が向上してデプロイが早くなり、開発成果が反映されるサイクルが早くなる効果もありました。

I字型からT字型にスキルセットを広げる

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く