サイボウズ kintoneチームの「改善」大公開! 新人も巻き込んだスクラム導入の成果とは?

連載「若手エンジニア、どんな活躍してますか?」第4回は「kintone」「cybozu Live」などを運営するサイボウズ編です。「チームワークあふれる社会を創る」を理念として掲げるサイボウズで、若手エンジニアはどんな活躍をしているのか、伺いました。

サイボウズ kintoneチームの「改善」大公開! 新人も巻き込んだスクラム導入の成果とは?

若手エンジニアのための情報メディア「エンジニアHub」。連載「若手エンジニア、どんな活躍してますか?」第4回は「kintone」「cybozu Live」などを運営するサイボウズ編です。「チームワークあふれる社会を創る」を理念として掲げるサイボウズで、若手エンジニアはどんな活躍をしているのでしょう。

取材に応じてくれたのは、若手プログラマの前田浩邦(まえた・ひろくに)さんと、メンター役だった天野祐介(あまの・ゆうすけ)さん。2人が属するkintoneチームでは最近、開発プロセスにスクラム手法を導入しました。スクラムマスターでもある天野さんの思いと、前田さんが体験したチームの劇的な変化とは。

── まずは、自己紹介をお願いします。

前田 グローバル開発本部 kintoneチームで、プログラマとして働いている前田浩邦です。役割としては、なんでもやります。修士卒で、サイボウズに入社し3年目になります。

1 前田浩邦さん。2014年新卒入社、現在入社3年目、開発チームで働く。京都大学大学院時代の専門分野は自然言語処理。

──つまりフルスタック?

前田 まあ、そんなところです。

天野 同じくグローバル開発本部で働いている天野祐介です。入社8年目で、kintoneをずっと開発しています。フロントエンドが好きでJS(JavaScript)が好きなプログラマとして活動し、2015年よりチームリーダーになりました。2016年秋からはスクラムマスターとしてチームの継続的改善に取り組んでいます。

2 天野祐介さん。入社8年目、PGリーダーから現在はスクラムマスターへ

──ここでスクラムマスターとはどういう役割なのか、説明をお願いできますか?

天野 教科書的には「チームの障害を取り除いて改善サイクルを回す役目」。別の言い方をすると、サイボウズのミッションは「チームワークあふれる社会を創る」ことなので、「開発チームのチームワークを改善していく役割」がスクラムマスターなんだという解釈でやってます。

──スクラムのお話、気になります。のちほどもっと聞かせてください。前田さんは2014年新卒とお聞きしています。まずは、サイボウズに入ろうと思った理由を教えてください。

前田 技術力がありそうな会社で、雰囲気がいい所を探していました。ガツガツしてなくて、のんびりしているところが気に入りました。

──入ってみたら、想像と違っていたりしませんでしたか?

前田 いや、思った通りでした(笑)。インフラからアプリケーションまで手がけている会社はあまりなく、そこも魅力でした。

──先ほど、役割としては「なんでもやる」というお話がありましたが、例えば好きなプログラミング言語はなんですか?

前田 好きな言語は……Common Lispです。これは言わないでおこうと思っていたんだけど。

──たしかにCommon Lispだと先入観を持たれちゃうかもしれませんね。天野さんから見た前田さんはどんな人でした?

天野 京大卒でCommon Lispが好き、と聞いて「変人かもしれない」と思っていましたが(笑)、普通に素直でいい子でしたね。チームで活躍して、コードを書いてくれてます。

先輩プログラマが導入したReact.jsを活用

エンジニアHubに会員登録すると
続きをお読みいただけます(無料)。
登録ボタンを押すと、利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。
登録のメリット
  • すべての過去記事を読める
  • 過去のウェビナー動画を
    視聴できる
  • 企業やエージェントから
    スカウトが届く