記事一覧

オフィスを3倍に増床。インフラチームが「回線まわり」でやったこと。150名規模、ITベンチャーのオフィス移転物語

従業員の増加に伴う「オフィス移転」、その時ITベンチャーのインフラチームは何に対応した?ベンチャーにとって嬉しくも、大変なオフィス移転。2016年創業のITベンチャー、アルサーガパートナーズ社も例外ではない。従業員数150名となった2021年5月のタイミングで、4度目となるオフィス移転を行なった。コロナ禍でも、オフィスを3倍に増床。新たに冷却機器の設置が必要になるなど想定外の対応も。その時、インフラチームはどんな工夫をした?移転作業を振り返り、同社代表小俣泰明氏とインフラチームのマネージャーを取材した。

なぜ食べログはフロントエンドのリプレースを進めているか。- 大きな改善を行うときに大事なこと-

食べログが大規模サービスとして成長していくなかで、どのように技術的・組織的課題と向き合ってきたのか。裏側エピソードを大公開。2021年4月15日に開催されたエンジニアHubウェビナー「食べログエンジニアに聞く!大規模サービスの裏側エピソードを限定公開」より、全文書き起こしレポートをお届けします。

食べログに見る、成長し続けるサービスの「業務的負債」との向き合い方

食べログが大規模サービスとして成長していくなか、どう「業務的負債」と向き合ってきたのか。システムと実業務に狭間に発生する「業務を無理にシステムに合わせて運用」「手作業による個別対応が多い」など“あるある”な負債の発生要因と、向き合い方を解説してもらいました。

食べログのエンジニアが、コロナ禍で向き合った課題。テイクアウト、感染症対策情報、Go To Eat…求められた即対応

食べログ大規模サービスのウラ側エピソードを大公開。コロナ禍で生活様式が変化する中、テイクアウト、レストランの感染症対策情報の掲載、Go To Eatキャンペーンなど、新たなニーズが次々と発生。急激な変化に対し、即対応が求められる状況に。食べログではどのように対応したのか?

現役CTOやエンジニア出身の人事責任者に聞く!会いたくなる履歴書・職務経歴書とは?

現役CTOやエンジニア出身の人事責任者に「会いたくなる履歴書・職務経歴書」について取材しました。エンジニア採用をする企業が魅力に感じるレジュメや、特に重視しているポイントを解説します。

Laravel大規模開発入門!MVC分離のFatModel問題に対する責任分離と依存管理、その設計と考え方について

ナイル株式会社メディアテクノロジー事業本部の工藤さんにMVC分離のFatModel問題に対する責任分離と依存管理、その設計と考え方について解説いただきました。

新人エンジニアに知ってほしい、DX時代のキャリア論。約500名を育成してきたCTOからの手紙

約500人を超えるエンジニアの採用と育成に携わってきた小俣泰明氏(アルサーガパートナーズのCEO兼CTO)による連載企画。エンジニアとして、高い目標のキャリア像を掲げられているか。日本のDXを加速させるエンジニアの役割とは。小俣泰明氏独自のキャリア論をお届けします。

Laravel実践入門! シンプルなREST APIを実装して学ぶ、多機能なPHPフレームワークの使い方

LaravelはPHPで実装されたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。自由度が高く、幅広いニーズをサポートし、開発支援も充実し、多くのユーザに使われています。ここではサンプルアプリケーションとしてREST APIの実装を通して、Laravelを利用した開発を体験します。

API開発の基本 - 銀行APIの開発事例に学ぶ『使いやすい』のデザインプロセス

APIは多くのWebシステムにおいて、欠かすことのできない技術です。APIをどのように設計、デザインすれば、ユーザに利便性を提供できるのかを、GMOあおぞらネット銀行 CTOの矢上聡洋さんが解説します。API設計の基本、そして実際の銀行APIの設計から、“使いやすい”を生み出すためのデザインプロセスを学びます。

カオスエンジニアリングを導入したクックパッドの挑戦 マイクロサービス化に伴う可用性の低下に対応

料理のレシピ投稿・検索サービスのクックパッドでは2年前からカオスエンジニアリングに取り組み、さまざまな事例やノウハウを蓄積しています。クックパッドの技術部・SR(Site Reliability)グループの小杉山拓弥さんとDX(Developer Productivity)グループの鈴木康平さんに、導入の理由やさまざまな知見を伺いました。