freee株式会社

スモールビジネスを、世界の主役に。
freeeでは「スモールビジネスを、世界の主役に。」をミッションに掲げ、「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」の実現を目指してサービスの開発および提供をしています。

大胆に、スピード感をもってアイデアを具現化することができるスモールビジネスは、様々なイノベーションを産むと同時に、大企業を刺激して世の中全体に新たなムーブメントを起こすことが出来る存在だと考えています。


■スモールビジネスのためのプラットフォーム

・クラウドERP
スモールビジネスへのタッチポイントの深化、多様化を進めることで、ユーザー基盤の更なる拡大を進めるとともに、「マジ価値KPI」という独自の指標を観測しつつ、既存サービスの改善や新規サービスのリリース等を通じて、顧客価値の最大化を目指してまいります。
ユーザー基盤の拡大、顧客価値の最大化を通じて、プラットフォームの基礎である「クラウドERP」の更なる強化を図ります。

・取引プラットフォーム
「クラウド会計ソフトfreee」において提供している「スマート請求書」は、freeeユーザー同士がクラウド上でスマート請求書を送受信することにより、受領した請求書の情報をワンクリックで会計帳簿に反映することが可能です。今後は、請求書の送受信に加えて、freeeのユーザー企業間で、取引の受発注や、決済の実行を、簡単かつ安心して実行できるサービスの実現を目指します。

・金融サービス
経営課題を解決するプラットフォームをつくる第一歩として、スモールビジネス向けの金融サービスのプラットフォームを構築します。
すでに、スモールビジネスの資金繰り改善を企図した金融サービスをリリースしております。今後は、これらの改善を進めるとともに、最終的に、あらゆる経営課題に対処する人工知能CFO⑶のようなサービスを提供してまいります。

会社情報

設立
2012年7月
資本金
161億603万円(資本準備金等含む)
代表者名
佐々木 大輔
従業員数
法人全体:505名(2019年1月1日現在)
事業内容
freee はクラウド会計ソフトシェアトップクラスの「クラウド会計ソフト freee」と「人事労務 freee」を提供し、個人事業主の確定申告・法人の経理・給与事務・請求事務を中心に「自動化」と「バックオフィス最適化」を推進しています。
2013年3月のリリース以来すでに100万以上の事業所で利用されるサービスに成長しました。クラウド会計ソフトの圧倒的トップクラスのシェアを担い、スモールビジネスのバックオフィスのクラウド化を牽引しています。
シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルやシンガポール政府系ファンドなど、グローバルな有力投資家より、高く評価され、2012年7月の創業以来、累計161億円以上の資金提供を受けています。
事業所
freee本社地図を見る
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル9階
五反田駅 徒歩2分 大崎広小路駅 徒歩8分
TEL 03-5719-2772
採用担当
biz-rt@freee.co.jp
求人に「気になる」するには、
会員登録 / ログインが必要です